2012年07月08日

スズラン群生地〜難台山

長沢のスズラン群生地から難台山を歩いた。
120708難台山.jpg 120708難台山断面.jpg

長沢の登山口。クリの花の盛りは過ぎた。
IMG_4803登山口.JPG IMG_4804栗の花.JPG

「クリの花の匂いはいやらしいんだよな」とか考えていたら、いきなり足のない白骨死体!
IMG_4807死体.JPG

「ふざけんなよ」とか思っていたら、すずらんの群生地。電気柵でしっかり保護されている。
IMG_4808すずらん群生地.JPG

難台山頂はつまらない山頂で「なんだい」って感じ。
難台三等三角点は角がとれてボロボロ。
IMG_4818難台山.JPG IMG_4815難台三等三角点.JPG

団子石から伐採の尾根を降りる。景色がよい。
IMG_4837伐採斜面.JPG

道ばたのあじさいがいい感じ。
IMG_4843あじさい.JPG

この道ばたに駒場四等三角点があるはずなのだが、ついに見つからなかった。
国土地理院によれば、「現況:正常」なのだが・・
IMG_4846駒場四等三角点.JPG

なんとか神社の大杉。写真に撮るとチンケ。説明読んでちょ。
IMG_4860神社.JPG IMG_4858杉.JPG IMG_4859説明.JPG

歩行距離:10.9km


posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

団子石四等〜山崎二等

先週知った道で鼻の下に登り、団子石四等〜山崎二等を歩いた。
ところが地形図をなくして青線の部原四等方面に分岐できず、
しかも強引に降った先がどこだかわからず、えらい遠回りをして戻った。
120630団子石.jpg 120630団子石断面.jpg

先週の場所に駐車。
ケモノの死体はきれいになくなって、毛が少し残っているだけだった。

鼻の下と大福山。大福山は団子石からの連想だろう。勝手な命名は不愉快。
IMG_4744鼻の下.JPG IMG_4745大福山.JPG

左は霞ヶ浦、右は筑波山。
IMG_4748霞ヶ浦遠景.JPG IMG_4747筑波山遠景.JPG

団子石四等三角点。団子山の札がぶら下がっている。これも勝手な命名だろう。
IMG_4749団子石四等.JPG IMG_4751団子山.JPG

東の方向が伐り払われて、最高に景色がよい。中央遠くにエレベータ塔が見える。
山の凹みの上に雲が湧き、その上を哀愁のジェットがNRT方面に流れて行った。
IMG_4758ひたちなか遠景.JPG IMG_4759雲.JPG

団子石。
IMG_4760団子石.JPG

展望台から南に分岐して、林道を行く。
パラグライダー基地の裏に山崎二等三角点。
IMG_4774山崎二等.JPG

林道風景。トパーズ色の風と、緑色の光。
IMG_4777林道.JPG

この先、部原四等への分岐を探すが地形図がないとなんともならない。
このまま林道を行けば下界に降りられると思ったら、林道は途中で中断。
強引に降りた斜面は最高度のヤブ。ケモノ道をケモノ目線で匍匐前進で進んだ。
どこに降りたのか全然わからず、最短経路もわからず、10kmを戻るハメになった。

燕山に沈む夕日。きょうも無事に戻れていい日だった。
IMG_4791夕日.JPG

歩行距離:17.9km
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

鼻の下

難台山の南に「獅子ヶ鼻」という展望岩があって、その南に「鼻の下」というのがある。
2007年には無かったので、だれかが勝手に名前をつけたのだろう。
不愉快だが、今回はクソヤブと林道だけで特に地名が無いので題名をこれにした。。

地形図の赤が登り、ピンクが降り。
120624鼻の下.jpg 120624鼻の下断面.jpg

林道のゲート前に駐車。
IMG_4720ゲート.JPG

山道を行くとケモノの死体。虫がいっぱいたかってすんごい悪臭。
ケモノの死体は二回目。人間の死体だったらゲロが出るなー・・
写真を載せると「ヘンなもん載せんな」とか言われそうなのでやめとく。

林道の終端に、精なる水。有名なのか?
IMG_4726精なる水.JPG

精なる水から先がクソヤブ。しかも急登。
ハイキング道に出たらヘトヘトで戦意喪失。
ハイキング道をダラダラ行くと鼻の下。
IMG_4728鼻の下.JPG

中戸方面への分岐点から、歩きやすい山道を降った。
IMG_4730山道分岐.JPG

歩行距離:5.9km
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

吾国山

笠間市と石岡市の境界にある、吾国山を歩いた。地図はこちら
120610吾国山.jpg 120610吾国山断面.jpg

大覚寺の広い駐車場に停めて、わかりにくい山道を登ると、舗装された林道に出る。
林道脇の土管のヘビくん。こっちを睨んで挑戦的なので、お相手してあげた。
IMG_4654ヘビくん.JPG

林道からはずれたところにある、板敷四等三角点。ヤブで展望なし。
IMG_4657板敷四等.JPG

ハンググライダーの滑空場。林道が通行止めのため、飛び立つ人はいない。
左には、あとで登る恋瀬四等峰が見えている。右には、加波山。遙か向こうに筑波山。
IMG_4660ハンググライダー.JPG IMG_4659ハンググライダー.JPG

切り通しには車止め。ここから気持ちの良い急登が始まる。
IMG_4672切り通し.JPG

以前、薄気味悪い記念碑があったが、地震でぐちゃぐちゃに倒壊していた。
IMG_4678散乱.JPG

吾国山一等三角点。右の山は難台山。遥か向こうに霞ヶ浦。
IMG_4685吾国山一等.JPG IMG_4681難台山方面.JPG

廃墟となりつつある洗心館。この裏手に山道がある。
IMG_4686洗心館.JPG

山道を下って里に出て、恋瀬四等峰に登りなおす。
地形図の山道は途中で消滅し、久しぶりのクソヤブ。ヤブ好きには堪らない。
恋瀬四等三角点は展望なし。
IMG_4699恋瀬四等.JPG

たんぼ道を大覚寺に戻った。立派なお寺だ。
IMG_4710大覚寺.JPG IMG_4717大覚寺.JPG

歩行距離:14.2km
posted by 単身赴任 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

袋田の滝〜月待の滝

袋田の滝〜月待の滝を歩いた。
地形図とコンパスを紛失、GPSには地図がないので現在位置を読めず手探り状態。9回ルートミスした。
120602縦走1.jpg 120602縦走断面.jpg

袋田の滝の上流。靴を脱いで渉る。
IMG_4585滝川.JPG IMG_4590滝川.JPG

上から見下ろした袋田の滝。4月21日と比べると緑が全然違う。
IMG_4591袋田の滝.JPG

生瀬富士。
IMG_4620生瀬富士.JPG

生瀬富士の馬の背。この先歩いて行く方向に鉄塔が見える。
IMG_4599馬の背.JPG IMG_4618鉄塔.JPG

峠の馬頭観世音。慶應元年と読める。右は、さっき見えていた鉄塔。
IMG_4622馬頭観世音.JPG IMG_4623鉄塔.JPG

赤坂三等三角点。
IMG_4624三角点.JPG

一箇所だけ展望の良いところ。倒木で歩きにくい所もある。
IMG_4625展望.JPG IMG_4626倒木.JPG

カメラを谷底に転げ落とし、探すのに時間をロス。
ルートミスを繰り返しているうちに暗くなってきたので、途中から舗装路を歩いた。

裏側から見た月待の滝。
IMG_4638月待の滝.JPG

歩行距離:10.8km
読図度:超高
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。