2012年08月25日

白駒池・テント泊

北八ヶ岳の白駒池でテント泊した。

内張と外張。慣れていないので設営に15分。途中で雨が降ってきやがった。
IMG_5243テント途中.JPG IMG_5245テント完了.JPG

夕方の白駒池。標高2000m以上の高地では日本最大の湖らしい。
IMG_5254白駒池.JPG

キャンプ場のトイレは田舎の香水。こういうのは嫌いではない。
IMG_5252田舎の香水.JPG

夜中、雨音を聞きながら本を読むのは最高の贅沢。病みつきになりそう。

朝、テントから外界。空はすっかり晴れていた。
IMG_5264朝.JPG

朝の白駒池から、ニュウへの登山道。
IMG_5269白駒池.JPG IMG_5274登山道.JPG

ニュウ山頂から見た北方の白駒池方面と、南方遠くの硫黄岳〜天狗岳。
IMG_5284白駒池.JPG IMG_5286硫黄・天狗.JPG

テントが乾いたので撤収準備するタヌキ氏。
IMG_5311撤収.JPG

となりのテントのバカップルの物憂げな会話は、なかなかよかった。
IMG_5316バカップル.JPG


posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

天狗岳

八ヶ岳の天狗岳に登った。
120805天狗岳.jpg 120805天狗岳断面.jpg

「八ヶ岳森林軌道みどり池事業線」の古いレール。しらびそ小屋の先まで残っている。
昭和37年まで使われていたらしい。記事はこちら
IMG_5024レール.JPG IMG_5032レール.JPG

こまどり沢の指示標と、しらびそ小屋。「はって30分」は絶対無理、歩いて30分かかる。
IMG_5036こまどり沢.JPG IMG_5064しらびそ小屋.JPG

ミドリ池のむこうには東天狗岳と、稲子岳。
IMG_5062東天狗岳.JPG IMG_5069稲子岳.JPG

中山峠。登山口からここまで3時間15分。
IMG_5083中山峠.JPG

東天狗岳と、西天狗岳。
IMG_5096東天狗岳.JPG IMG_5097西天狗岳.JPG

東天狗岳の山頂と、西天狗岳の山頂。
IMG_5103東天狗岳.JPG IMG_5113西天狗岳.JPG

東天狗岳直下から根石岳方面へ向かう登山道。
途中に咲いていたイブキジャコウソウは、よい香りで蝶がいっぱい。
IMG_5099登山道.JPG IMG_5122イブキジャコウソウ.JPG

根石岳へ続く登山道と、根石岳山頂から見返した東西天狗岳。
IMG_5126根石岳.JPG IMG_5128根石岳.JPG

根石山荘の前にはコマクサの群落。箕冠山は道標だけの通過点。
IMG_5131根石山荘.JPG IMG_5136箕冠山.JPG

夏沢峠の山小屋と、本沢温泉への道標。
IMG_5142夏沢峠.JPG IMG_5143道標.JPG

本沢温泉の野天風呂は満員でパス。
IMG_5145野天風呂方面.JPG IMG_5149本沢温泉.JPG

本沢温泉から登山口まで延々と林道歩き。
登山口の看板。これは親子か?ありえねーシチュエーションだな。
IMG_5154林道.JPG IMG_5159雲上の湯.JPG

歩行距離:17.7km
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

後山三角点峰

この日、ここ大子町としては史上最高の38.3℃だったらしい。
そんなクソ熱い中、袋田〜男体山を往復するつもりだったのさ。
120728後山三等.jpg 120728後山三等断面.jpg

国道461号沿いの取り付き。ここからいきなりの急登。
IMG_4970取り付き.JPG

ハイキング道の合流には通行止めのトラロープ。
そういえば地震で大きな岩が動いて隙間ができている所があった。
IMG_4971_461号分岐.JPG

後山三等三角点。暑くて昼寝。だれも通らない。
IMG_4973後山三等.JPG

第二展望台からの遠景。熱気で霞んでいる。
IMG_4975遠景.JPG

この先、ブヨの大群に取り囲まれて、鼻で息をすると鼻に飛び込むし、口を開ければ口に飛び込むし、息ができない。こいつがずーっとつきまとって離れない。
虫除けの薬を持ってなかったので、途中で引き返した。

再度、第二展望台でラーメン。
IMG_4979ラーメン.JPG

新月居トンネルの中はヒンヤリと涼しい。
IMG_4984新月居トンネル.JPG IMG_4987出口.JPG

歩行距離:5.6km
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

月待の滝〜袋田の滝

前回、道迷いの時間切れで中断したので再チャレンジ。
自転車で戻ることを考えて、標高の高い袋田の滝の方を終端にした。
距離は短いが、アップダウンがきつく、道もわかりにくく、相当厳しいコースだ。
120721縦走.jpg 120721縦走断面.jpg

月待の滝。
IMG_4910月待の滝.JPG

久慈川と水郡線。
釜田三等三角点までは、かなり急登。
IMG_4923久慈川.JPG IMG_4929釜田三等.JPG

軍手に付いた小さなケムンパス。
難なく舗装路に出る。
IMG_4933ケムンパス.JPG IMG_4938舗装路.JPG

前回(月待方向)は、この割れ目岩で降りずに尾根を直進して間違えた。
IMG_4939割れ目岩.JPG

その先、このアンテナがあったら間違えているので30m戻る。この付近、要注意。
アンテナの近くにクソヤブ。どっちに行くのか全然わからん。
IMG_4944アンテナ.JPG IMG_4945ヤブ.JPG

岩陵ラーメン。すでにかなり疲れている。
岩陵の先に、赤坂三等三角点。
IMG_4952ラーメン.JPG IMG_4953赤坂三等.JPG

生瀬富士。鳥居へ降りる道にエスケープしようかと思うが、なんとかがんばる。
IMG_4961生瀬富士.JPG

雨がポツポツ降ってくるし、だんだん暗くなってくるし。
突然、右のヤブをイノシシが突進して、前方を横切り、猛スピードで駆け下りて行った。
この時間、野生動物の天国なのだろう。

真っ暗闇になる前に、滝の上に到着できた。
IMG_4966袋田の滝.JPG

歩行距離:8.6km
累積標高:1159m・・・アップダウンが厳しい
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

生瀬富士

生瀬富士への、立神側(北東側)からのとりつきを探ってみた。
120716生瀬富士.jpg 120716生瀬富士断面1.jpg

橋を渡って二度右折。田んぼの外れにポンプ小屋。ポンプ小屋から川沿いに行くと鳥居。
IMG_4871ポンプ小屋.JPG IMG_4872鳥居.JPG

鳥居から先は比較的明瞭な踏み跡で、いつもの岩陵端部に出た。右は生瀬富士。
IMG_4876岩陵.JPG IMG_4877生瀬富士.JPG

一回目の袋田の滝。
IMG_4881滝.JPG

滝川に降りて、
IMG_4884滝川.JPG

踏み跡を行くと沼地。ここから廃屋までは踏み跡が薄い。
IMG_4886沼地.JPG IMG_4889廃屋.JPG

廃屋の横を通り抜けて舗装路に出る。
お墓の横を登れば滝の上に出ると、農作業のおじさんが言っていた。
お墓の先に倒木、途中の踏み跡は薄い。

二回目の袋田の滝。
IMG_4892滝.JPG

かずま分岐からの降りは明瞭な踏み跡で、再度舗装路に出た。
IMG_4893かずま分岐.JPG IMG_4895取り付き.JPG

歩行距離:5.4km
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。