2008年01月14日

西金砂山〜鷹取山(2008.01.14)

故郷の母が倒れたとの連絡があり、遠く離れていては見舞いにも行けず、快復を祈願して西金砂神社(地図)にお参りしました。
西金砂神社も由緒ある神社のようです。
西金砂山.jpg 西金砂山断面.jpg

A地点の駐車場に停めさせてもらいました。
B地点の鳥居と、小さな弁天さまです。
Img_9199torii.jpg Img_9205benten.jpg

坂道を登った拝殿では、禰宜さまが日の丸を立てていました。
さらに急な石段を登りきった、C地点の本殿です。
Img_9208haiden.jpg Img_9218honden.jpg

本殿横の断崖から見た西方の山々です。
Img_9226enkei.jpg

D地点の鳥居をくぐって少し登ったところで、急に視界が開けます。
E地点からH地点まで木が伐採されて、丸裸になっていました。
Img_9237bassai.jpg

F地点の岩本四等三角点(410.59m)です。
Img_9243sankaku.jpg

G地点の安龍ヶ滝です。全面凍り付いていました。
前回は夏だったので、ずいぶん様子が違っています。
Img_9260taki.jpg

H地点で林道に出ます。
前回はここから西に降りてM地点に出ましたが、今回は林道を横切り尾根を登ります。
左は尾根上の日陰の葉の上に残っていた雪です。
右は赤く熟す前のアオキでしょうか。
Img_9280yuki.jpg Img_9283aoki.jpg

尾根はところどころ藪っぽいものの、倒木は少なく、はっきりした踏み跡が続いていました。
積もった落ち葉には、ところどころに獣の新しい足跡が残っています。ちょっと緊張します。

I地点、鷹取山山頂の鷹捕山二等三角点(424.42m)です。
Img_9286sankaku.jpg

頂上からの下山は、尾根を西に進みます。
明るい尾根には、はっきりした踏み跡があります。
J地点で沢を横切り、K地点で舗装路に出ました。
L地点の布ヶ滝です。この滝も凍り付いていました。
Img_9305taki.jpg

歩行距離:7.1km
歩行時間:5時間00分
出合った登山者:なし


posted by 単身赴任 at 19:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はやく母親の元へ帰ってあげてください。
Posted by bambi at 2008年01月17日 19:32
bambiさま
お気持ち、ありがとうございます。
明朝の新幹線で見舞いに行ってきます。
Posted by 執筆者 at 2008年01月17日 19:54
どうぞお大事にしてください。
Posted by けーた at 2008年01月17日 22:47
母親の手術は無事に終わりました。
皆様にはご心配をおかけしました。
ありがとうございました。
Posted by 執筆者 at 2008年01月20日 07:39
手術無事に終わってよかったです。
Posted by bambi at 2008年01月20日 09:35
一安心ですね。よかったです。
Posted by けーた at 2008年01月21日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。