2007年08月05日

薄葉沢の滝めぐり(2007.08.05)

里美村滝巡りのコースが整備されていることをシモンさんの記事で知りました。で、さっそく行ってみました。

滝.jpg 滝断面.jpg

A地点に数台駐車できそうなスペースがありました。
B地点で舗装路は終わり、左方向への山道に入ります。セミの声が爽やか。

C地点には最初の滝、塩の草滝と薬研の滝への道標がありましたが、沢を渡るのが面倒で見ずに戻りました。根性無しです。
IMG_6230塩の草・薬研の滝s.JPG

D地点に薄葉沢の滝、E地点に早瀬の滝が立て続けに現れます。
IMG_6235薄葉沢の滝s.JPG IMG_6240早瀬の滝s.JPG

F地点には滑り滝、G地点には肘曲り滝です。
IMG_6242滑り滝s.JPG IMG_6246肘曲り滝s.JPG

H地点には薄葉沢抜景の道標がありました。I地点には下滝です。
IMG_6248薄葉沢?景s.JPG IMG_6251下滝s.JPG

J地点には笠石の滝、K地点には笠石滝頭があります。
IMG_6255笠石の滝s.JPG IMG_6259笠石滝頭s.JPG

笠石滝頭を過ぎると、懐かしい田んぼの風景が開けます。
しばらく農道を行くと笠石集落です。
L地点に道標があって、ここを右折します。
Img_6276bunki.jpg

木の小さな橋を渡って、杉の森の急登を行きます。
しばらく登ると、M地点の峠の交差点にたどり着きます。
まだ明るいのに、ヒグラシが合唱のように鳴いています。
 夏哀し ふるさと遙か ひぐらしの鳴く(お粗末)
IMG_6283峠s.JPG

峠からはひたすら下りです。N地点で沢と出合います。
O地点には腐った丸木橋がありますが、うっかり踏むと折れるでしょう。危ないです。
IMG_6284沢s.JPG Img_6287hashi.jpg

山道を下りきると、広い歩道に出ます。近くまで車で来られるようです。
P地点には見返りの淵、Q地点には中滝です。
IMG_6289見返りの淵s.JPG IMG_6292中滝s.JPG

さらに行くと、R地点の大滝です。軽装の家族連れが大勢いました。
IMG_6296大滝s.JPG

下ったS地点の橋の上流に小滝、橋の下流には出合滝です。
IMG_6300小滝s.JPG IMG_6304出合滝s.JPG

あとは舗装路を淡々と下って行きます。遠から雷鳴が聞こえ、薄暗くなってきました。

生田集落から見た鍋足山と、十字路にあったタモンさんのポスターです。(シモンさん、すみません)
そういえば参院選は先週でした。
Img_6309nabe.jpg Img_6311tamon.jpg

今日の滝巡りは最高のコースでした。ご紹介いただいたシモンさんに感謝です。秋にもう一度行こうと思います。

歩行距離:10.4km
歩行時間:3時間59分
posted by 単身赴任 at 23:59| ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
bambiです。
とてもきめ細かい文面から、その場所の臨場感がとても伝わってきますね。山登り中に同じ人と、約束もしてないのに何度も出会うって、なんかとてもいいですね。山登りの良さって。そういうところにもあるんでしょうか。
私はこの間、嬬恋のバラギ高原にある山に行ってきました。ゴンドラで頂上まで行って、歩いて降りてこようと思ったのですが、途中で断念しました。山登りって、登るより、降りるほうが大変なんですね。

ひたちなか市にはこんないい歌があります。聞いてみてください。↓
[http://www.youtube.com/watch?v=qogz5msQPPo]
Posted by bambi at 2007年08月14日 12:02
とてもきめ細かい文面で、その場所の臨場感が伝わってきます。山登り中に、約束もしてないのに何度も同じ人に出会うってなんかいいですね。山登りの良さってそういうところにもあるのでしょうか。
わたしもこの間、嬬恋のバラギ高原にある山に行ってきました。ゴンドラで頂上までいって、降りてこようと思ったのですが、途中で断念しました。山って、登るより降りるほうが大変なんですね。
Posted by bambi at 2007年08月14日 12:28
すいません。同じコメントが2つ載ってしまいました・・・。
Posted by bambi at 2007年08月14日 12:30
bambiさま、はじめまして。ご返事が遅れて申しわけありません。
現住所(埼玉県)から出身地(愛知県)をまわっていまして、先ほど赴任先(茨城県)に戻りました。あしたから単身赴任の再開です。
山登り中に同じ人と出会う話ですが、雨巻山(2007.04.22)で那珂市にお住まいのご夫婦に3回目にお会いしたときは、あまりの偶然に鳥肌が立ちました。こんなことってあるんだと。
その方は「剱岳に登ったときのが、NHKの番組に十数分出ました」とおっしゃっていました。お名前をお聞きしておけば良かった・・
話が横道にそれてしまいました。
山歩きは良いですね。そのときどきの感動を書き続けますので、よろしくお願いします。
Posted by 執筆者 at 2007年08月16日 23:38
はじめまして。
えせマタギといいます。トラックバックさせて頂きました。
茨城にもこんな沢があるんですねぇ。
いや、あるはずだとは思っていたんですが、
なかなか調査してまで探す気力がなくて。
これからもちょくちょく覗きに来ますので、よろしくお願いします。
Posted by えせマタギ at 2007年08月19日 21:32
えせマタギさま、こちらこそよろしくお願いしますね。
Posted by 執筆者 at 2007年08月20日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

避暑の沢歩き
Excerpt: 友達夫婦が遊びに来るという。まあ、うちは一向にかまわないのだが、我が家にはエアコンがない。これまではそれで問題なかったのだけど、今年の夏の暑さは暑さに強いと思っていた私でも辟易するほど。常人がこの家で..
Weblog: ハンターの卵のblog
Tracked: 2007-08-19 21:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。