2007年04月29日

荒船山・長野(2007.04.29)

荒船山は長野と群馬の県境の山ですが、登山道はほとんど長野側になります。
070429荒船山2.jpg 荒船断面.jpg

国道254号の駐車帯のX地点から見た、荒船山の艫岩です。
画像 007arafune.jpg

同じ地点から見たCGの画像です。D地点の展望台と、E地点の艫岩はこんなところにあるのです。
荒船カシバード2.jpg

A地点の旧道沿いに車を停めます。すでに駐車場には20台以上停まっていて、旧道沿いにも同じくらい停まっていました。

B地点には鋏岩四等三角点(1158.49m)がありました。落ち葉の下に埋まっていて、すぐにはわかりませんでした。三角点などだれも気にしないようです。
画像 022sankaku.jpg

一杯水が湧き出していました。ここを過ぎると、やがて山道は岩場になります。
画像 029ippai.jpg

平地に登りつくと、D地点の岩壁に展望台があります。
写真は岩壁から真下を見下ろしたものです。岩壁が垂直に切れ落ちていて、はるか200m下に木々が見えています。写真にすると感じが伝わりませんが・・
木々の手前側が暗いのは、岩壁の影です。
画像 039gake.jpg

E地点の艫岩からの遠景です。向こうに浅間山が見えています。
画像 040enkei.jpg

艫岩の近景。そこの人、なんでシェーしてるの?
画像 050tomoiwa.jpg

荒船山を下から見ると岩山に見えますが、上は平坦な明るい林です。

しばらく行くとF地点、荒船山(経塚山・行塚山)頂上への分岐です。
画像 061bunki.jpg

急登を行くとG地点、頂上です。荒船山二等三角点(1422.53m)と祠がありました。南の方角に展望が開けています。
狭い頂上が10人くらいにごった返してきたので、早々に下山します。
画像 066tyoujou.jpg

H地点の星尾峠です。こちらから荒船山に登る人はほとんどいないようで、すれ違ったのは一組二人だけでした。
画像 071hoshio.jpg

I地点の荒船不動です。ここまで舗装路が通じていて、すぐ下には10台以上停められそうな駐車場がありました。
画像 073hudou.jpg

荒船不動からJ地点のドライブイン草笛の前を通り、元の駐車場まで戻りました。

荒船山を下から見ると登るのが大変そうですが、実際は登山道が整備されており、危険箇所には迂回路も設けられています。気持ちが良く、とても印象的な山歩きでした。

歩行距離:14.1km
歩行時間:5時間52分


posted by 単身赴任 at 22:12| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
9/19クレヨンしんちゃんの作者が発見されました。
岩壁から見下ろした写真が残されていたということで、複雑な気持ちです。注意すれば落ちるようなところではなかったのですが。
ご冥福をお祈りします。
Posted by 執筆者 at 2009年09月22日 20:19
荒船山も行ってたんですね。
写真撮影には気をつけてください。
私も気をつけます。
子持山行きたかったな〜。
Posted by bambi at 2009年09月22日 21:23
荒船山の滑落死亡事故は、「年に一回あるかないか」だと、新聞に書いてありました。てことは、ときどき落ちる人があるわけだ。

武甲山みたいな無粋なフェンスが付けられなければいいんですけど。

岩壁から見下ろした写真、写真にしてしまうとなんだかよくわかりませんね。
Posted by 執筆者 at 2009年09月23日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。