2007年02月17日

愛宕山〜難台山〜吾国山(2007.02.17)

今回は少しハードに歩こうと、愛宕山〜難台山〜吾国山としました。
愛宕山はJR常磐線・岩間駅の西に、吾国山はJR水戸線・福原駅の南にあります。
地形図の上端の緑の線は、前々回の唐桶山と前回の富士山です。
難台山.jpg
難台山断面.jpg

A地点の愛宕神社の駐車場に車を停めて、B地点の愛宕山四等三角点(257.78m)を探しました。数mの所まで行けているはずですが、上空を杉の枝が覆っていてGPSの電波が不安定で、どうしても見つかりませんでした。

ハイキング道を難台山に向けて進みます。
C地点の展望台から南に下りたところに、D地点の山崎二等三角点(362.32m)があるので寄り道しました。
Img_4070山崎二等.jpg

ここの東側斜面がパラグライダーの基地になっていて、鳥人が飛び立っていきました。インストラクターは女性です。向こうに座って次を待つのも女性です。
MVI_4076.jpg

E地点の団子石四等三角点(432.02m)です。浮き上がっています。雨に洗われて地面が下がったのかな?
Img_4080団子石四等.jpg

F地点の獅子が峰、G地点の屏風岩を見ながらしばらく登ると難台山の頂上、難台三等三角点(552.98m)です。角が欠けてボロボロでした。こんな三角点は初めてです。
Img_4103難台三等.jpg

I地点のピークにある太田四等三角点(428.63m)です。道から西に外れた雑木林の中にありました。
Img_4115太田四等.jpg

J地点で県道を横切ります。道祖神峠です。「どうろくじん」と仮名を振った山解説書(茨城県の山;山と渓谷社)がありましたが、どう見ても「どうそじん」です。「どうろくじん」は道陸神と書いて、同じ意味だそうですけど。

最後の吾国山への急登で、ついに足の筋肉が悲鳴を上げ始めました。痙攣しそうな気配です。休みながらゆっくり登ります。

K地点の吾国山一等三角点(518.15m)です。
Img_4135吾国山一等.jpg

吾国山の山頂から、歩いてきた山を見返します。
下の図は、地図ソフト「カシミール」で作成したものです。毎度、そっくり!近くの樹木までは再現出来ませんけど。
あんなに遠くから歩いてきたんだ・・・
Img_4145nandai.jpg
カシバード.jpg

この細長い図は、同じく「カシミール」で作成した吾国山山頂からの360°展望図です。実際には樹木の陰になって、富谷山〜高鈴山あたりは展望出来ませんでした。
吾国山.jpg

吾国山からの下りではL地点から水色の道を降りるはずだったのに、福原駅への道標を目指したのが間違いで、一本西の山道を降りてしまいました。M地点の林道で気がついて、N地点まで舗装された林道を歩きました。
予め停めておいたO地点の車までは、もうすぐです。疲れた・・

歩行距離:17.2km
歩行時間:7時間34分(昼食含む)

posted by 単身赴任 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
単身赴任さん、鍋足山へのトラックバック有難うございます。ローカルな所を含めてよく歩かれていますね。
愛宕山から吾国山の稜線は、夏山トレーニングに歩かれている方が結構多いようです。向かい側に見える館岸山から加賀田山の宍戸アルプスも、岩間側から馬蹄形縦走して愛宕山まで歩くのも面白いと思います。
Posted by シモン at 2007年02月28日 11:57
シモンさま、コメントありがとうございます。
風邪をひいて寝込んでいました。毎週、山に行っていれば風邪などひかないのですが、仕事が忙しくて行けていませんでした。
ご提案のルートもおもしろそうですね。いつか行ってみようと思います。
Posted by 執筆者 at 2007年03月02日 04:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。