2013年01月20日

鍋足山

役場横の案内板にあった和見の滝〜和見四等峰〜林道を周回した。
日陰や山の上には、1月14日に降った雪がまだ残っていた。
130120鍋足山.jpg 130120鍋足山断面.jpg

和見の滝。ここも氷結している。
IMG_7622和見の滝.JPG IMG_7625和見の滝.JPG

和見四等峰へは、点の記の測量官殿の道を忠実に辿ろうと、谷に降りたら迷った。
行く人などいないと思うが、行くのであれば、地形図の読図力は必須。
「分岐」としたところから尾根を直登した方がよい。

谷底で右往左往しているときに降ってきたスノーダストがきれい。
IMG_7628スノーダスト.JPG

和見四等三角点。ここは三角点峰というより、ただのコブだ。
IMG_7632三角点.JPG

三角点から先はヤブっぽくて、「まあ、行けるところまで行ってみよう」という感じ。

松の木につけられた精密な模様。枯れていないが、何の目的だろう。
IMG_7633松.JPG

おれさまのと同じくらいのウンチがあり、かなり大きなケモノの足跡が続いていた。
IMG_7636足跡.JPG

ヤブの斜面を登りきってしまえば、尾根道は明瞭で快適。
林道が見えてきたので林道に降りる。

林道への降下点の廃作業小屋と、雪の積もった林道。
林道には轍があるが、ゲートで遮断されて一般車は進入できない。
IMG_7639林道降下点.JPG IMG_7641林道.JPG
posted by 単身赴任 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へんな自慢すな。
Posted by bambi at 2013年01月21日 22:56
bambi、生きていたのか。元気?

自慢て、どこ?おれさまのウンチってとこか?
便秘でひねり出したのと同じくらいの太さだったぞ。
Posted by 執筆者 at 2013年01月21日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。