2012年08月29日

槍ヶ岳

二泊三日で槍ヶ岳に登った。同行はhayaさんと息子のあっくん。
槍の穂先に二回登ったので、断面図にピークが二つ見える。
槍ヶ岳3.jpg 槍ヶ岳断面1.jpg

【一日目:上高地〜槍沢ロッヂ】
梓川と、登山道の脇できのこを食う猿。
IMG_6505梓川.JPG IMG_6531猿.JPG

横尾山荘と、山荘の前で何かを食う外人女性。
IMG_6586横尾山荘.JPG IMG_6585外国人.JPG

この外人にはすぐに追い越された。一日で槍ヶ岳山頂まで行ったみたいだ。
このパワーでは戦争しても勝てないな。我々は軟弱なので槍沢ロッヂで一泊。
IMG_6592抜かれた.JPG IMG_6609槍沢ロッヂ.JPG

【二日目:槍沢ロッヂ〜槍ヶ岳】
雪渓に空いたトンネルと、槍沢大曲りの道標。
ピンクの女性は山慣れしている。槍沢ロッヂでは湯を沸かしてカップラーメンを食べていた。
IMG_6623雪渓.JPG IMG_6630大曲り.JPG

この先を右に曲がれば槍ヶ岳が見えるはず。ピンクの女性はずっと先で見えない。
IMG_6642登山道.JPG

槍と山荘が見えた。ズームすると穂先にハシゴと登山者。まともじゃないな。
IMG_6665槍.JPG IMG_6670穂先.JPG

槍ヶ岳山荘から見た登山道は、氷河に浸食された雄大なカール地形。
IMG_6667カール.JPG

まともじゃないと言いながら穂先に取り付く。hayaさんはピンクの女性のうしろで見守る。
さっき見えていたハシゴを登る。ピンクの女性はまったく平気。
IMG_6680岩登り.JPG IMG_6684ハシゴ.JPG

槍に三角点は無いはず。ピンクの女性が「そうですよね」とは、やはり只者ではない。
この三角点、ニセモノではないが三角点ではない、というややこしいことが後でわかった。
IMG_6686偽三角点.JPG

【三日目:槍ヶ岳〜新穂高温泉】
韓国人団体の前に登っておかないと場所がなくなるので、暗いうちからヘッドライトで登る。
やがて山頂は韓国人に占拠されてしまった。
IMG_6731祠.JPG

ご来光。東・常念岳方面〜〜北東・燕岳方面。
雲海が赤岩岳〜東鎌尾根を越えて天上沢に流れ落ちていく。韓国人、調子にのると落ちるぞ。
IMG_6779雲海.JPG IMG_6777雲海.JPG

南・穂高方面〜〜北西・西鎌尾根方面。
西鎌尾根方面は、山の名前がよくわからない。
IMG_6780穂高.JPG IMG_6791.JPG

遠くに富士山と南アルプスの北岳。直下には小槍と槍ヶ岳山荘が赤く輝く。
IMG_6786富士山.JPG IMG_6784小槍.JPG IMG_6789大喰岳.JPG

槍の影を見ながら撤収。
IMG_6801影.JPG IMG_6802ハシゴ.JPG

飛騨乗越から見た槍の穂。お花畑を降る。
IMG_6825槍.JPG IMG_6842お花畑.JPG

多くの命を呑み込んだ滝谷と、いろんなお話のある滝谷避難小屋。
IMG_6878滝谷.JPG IMG_6881滝谷避難小屋.JPG

歩行距離:37.6km


posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
元気でしたか?

山行まで後10日です。
天候が良くなることを祈りましょう。
31日は、待宵月が沈んで、30分後に御来光。
沈み行く月と、満天の星空、そして御来光。
当日の天候は、執筆者様の日頃の行いで決まると思います。
よろしく!!  です。。

久しぶりに息子も参戦です。

執筆者様の大槍でのアルペン踊りを期待しています。
では、ではです。
Posted by haya at 2012年08月18日 09:29
夜7時のニュースで、槍ヶ岳山頂に落雷があって、登山者が死んだと言っていました。

ひたちなか市は花火大会でした。風向きが悪く、寮の屋上は煙の中でした。花火のカスがパラパラ降ってきました。
Posted by 執筆者 at 2012年08月18日 22:14
初日の天気はまずまず。

槍ヶ岳山荘のスタッフブログ要チェック

大分、お山は秋めいて来たみたいです。

Posted by haya at 2012年08月23日 08:43
お疲れさまでした。
3日間で約40Km、累積標高差4000mの登山後の体はいかがでしょうか?
筋肉痛が出たとしても、天気予報が外れたお陰で見ることができたご来光は素晴らしかったですね。
感動でした。

ご来光に夢中になったあまり、執筆者様が穂先で踊ることになっていたアルペン踊りのリクエストを忘れてしまい後悔しています。

そうそう、今回の登山記録を見ると、執筆者の感想と、当日話されていた内容が少々食い違っているような気がしますが…。

・横尾山荘で見かけた女性
 ラジオ体操の終わりにする体操って何でしたっけ?
 執筆者様が最後の体操した時に感じたことが感想だったような気がします。

・ピンクの女性
 2日目、執筆者様と同行していた女性の感想がもっとあったような気がするのですが...。
 本心を本音で書いたほうがもっとリアルになると思います。



では、来シーズンもどこかに行きましょう
 劔、穂高、表銀座、…。
1年かけて練りましょう。
体力も....。
Posted by haya at 2012年09月02日 15:33
hayaさま、おはようございます。

足の筋肉痛がようやく治まって、ふつうに歩けるようになりました。修行が足りませんな。

ピンクの女性は、槍沢ロッヂ出発時点からうしろにいたみたいですね。まるであとをつけられてたみたい。ひみちゅけーさつだったりして。
頂上でも、「先に降りますんで」とあいさつしたら、「じゃ、私も」とついてきました。気があったのかなぁ・・・

槍ヶ岳はいいですねぇ。来年は燕岳〜表銀座〜槍ヶ岳がいいかも。剱はどうなのかなぁ。

九月中に燕岳に行ってみようと思っています。夜10時に中房温泉に着けば、駐車場は空いてるかな?

では、またです。
Posted by 執筆者 at 2012年09月04日 07:20
> 気があったのかなぁ・・・
 考えて見れば。
 良く、執筆者様に挨拶してたものね。

 もっと、いろいろ話をすればよかったのに、
 待っていたのかも…。

> 九月中に燕岳に行ってみようと…。
 詳細送ります。

Posted by haya at 2012年09月04日 22:04
上高地は神降地とも云うようで、神が降臨したような三日間でした。

平成になって長い鬱の時代が続いていますが、山に登っている間だけは、躁だった昭和に戻れた気がします。

九月の三連休、北アルプスの燕岳でテント泊する予定です。
Posted by 執筆者 at 2012年09月05日 22:52
[ 番 組 名 ] NHKスペシャル「激走!日本アルプス大縦断」
[チャンネル] 総合
[ 放送日時 ] 2012年10月13日(土)午後7:30〜午後8:45(75分)
http://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20121013-21-22807

先日、西穂に行った時、下呂市から来た若者が話していました。
中部地方は毎週末
北アルプス特集の番組が放送され、
モデルの押切もえが明峰槍ヶ岳に槍沢、水俣乗越、東鎌尾根で登山したのを放映したり、日本アルプス縦断トレランの放映、白馬登山道の放映をしていると話していました。

そのとき、いい番組なので近々、関東でも放送するという噂があるとも話していました。

そのときが来た!!
楽しみに録画して見なくては…。
Posted by haya at 2012年10月06日 09:14
追記。

これも先日の話なんですが。
会社のボランティア活動の一環として草津に森林間伐に行ってきました。

その時、四万営林署勤務の若きホープS大学農学部の可愛い女性と話してました。

その女性は、学生時代 山岳部に所属し南、中央、北アルプスをほとんど歩いたそうです。
(当たり前ですが、大キレット、ジャンダルムも...)

その女性が言うには、最もすばらし山は槍ヶ岳でもなく、穂高でもなく、水晶岳らしいです。

何時か、テント担いで行きたいものです。
Posted by haya at 2012年10月06日 09:56
智ちゃん、もえちゃんDVD(ブルーレイ)を入手。
残念ですがノーカット版ではありません。

見ます?

表も有ります。
Posted by haya at 2012年10月20日 20:47
表もあるということは、裏はエロいんですか?
yahooボックスに載せられます?
Posted by 執筆者 at 2012年10月20日 22:56
私のPCブルーレイ読めません。

残念です。

また、裏はありません。

タイトルは『●●●●● 本気で●ガール』です。
Posted by haya at 2012年10月21日 17:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。