2006年09月03日

八溝山・池ノ平・高笹山(2006.09.02)

茨城県の最高峰、八溝山(1022.2m)から池ノ平(879.7m)を通って高笹山(921.5m)まで、福島県境上を歩きました。
三角点の情報は、国土地理院のサイトが開いたら補足記入します。
八溝山.jpg

八溝山の一等三角点です。
Img_1640yamizo.jpg

八溝山頂の展望台から西の方角の景色です。栃木県那須塩原市方面です。
頂上からは、周辺の山谷が八つの溝のように見えるから八溝山と云うそうですが・・
Img_1647yamizotenbou.jpg

茨城県と福島県の県境は、このような土塁で区切られています。
写真は、茨城県側から福島県側に、土塁の切れ目を越えるところです。
土塁の高さは80cm程度。明治時代に造られたということで、延々と続いています。
Img_1657dorui.jpg

池ノ平の道標がありますが、三角点はここから120m北東です。紛らわしい。
地図上に黄色の二重丸で、道標の位置を記載しておきました。
Img_1697ikenodouhyou.jpg

池ノ平の三角点です。ピーク付近の土塁の福島県側の裾にありました。
「池ノ平三角点が見つからない」という記事がありますが、例の道標に惑わされるのだと思います。
道から外れて土塁をたどり、ピークを目指せば比較的容易に見つかります。
Img_1680ikenotaira.jpg

高笹山の道標がありますが、池ノ平と同じように三角点はここから160m東です。
ここが頂上ではないのですから、三角点を探す人には迷惑でしょうね。
Img_1684takasasadouhyou.jpg

高笹山の三角点です。土塁の福島県側の中腹にありました。
ピークをすぎて下がり始めるあたりですが、ちょっとわかりにくいところです。
Img_1690takasasa.jpg

池ノ平付近では、赤とんぼがたくさん飛んでいました。
残念ながら、きょうも花はみつかりません。楽しみにしてくださっている方、ごめんなさい。
Img_1669tonbo.jpg

きょうは、三角点にこだわった山歩きでした。
「なぜ三角点にこだわるのか」の問いには、「探し当てたときの感動」でしょうか。
山歩きの楽しみ方は、人それぞれでしょうね。

歩行距離:13.4km
歩行時間:5時間35分(休憩含む)


posted by 単身赴任 at 03:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
茨城県の最高峰ですが。
残暑厳しい中の歩行大変でしたか?
今回は、一人で歩いたの?
1つ質問なのですが、文章中に出てくる『土塁』
ってなんですか?
ネットで調べると、敵や動物の侵入を防ぐために周囲に築かれた連続した土盛りのこと。容易に越えることができない高さをもつ。
と書かれていましたが、なぜ県境にあるのでしょうね。興味がわきました。
それと良く山登りの本を見ると、歩いた標高差を示す地図が載っていますが、このブログに追加することはできるのですか?
平面図と等高線から頭の中で立体図に変換しようとするのですかなかなかできなくて。


Posted by haya at 2006年09月03日 07:41
hayaさま、拙文をご覧いただきありがとうございます。お答えしますね。
●今回はひとりです。1000mだと下界より6℃低いので、暑さは感じませんでした。
●県境の土塁の目的は、私にもわかりません。茨城と福島は仲が悪くて、境界争いが絶えなかったから?これはまったくの推測です。推測だったら書かないほうがマシ?
●歩いた標高差の断面図は、フリーの地図ソフト「カシミール」を使って簡単に作れます。当初は載せようと思っていたのですが、表示が細かすぎてやめました。ほしいですか?ご要望が強ければ、順次追加いたしますが・・
Posted by 執筆者 at 2006年09月03日 19:57
表示が細かすぎて見づらいとなると考えものですね。
頭の中で創造しながらどのようなところを歩いているのか楽しみながらブログを見ていきます。
Posted by haya at 2006年09月04日 05:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。