2006年07月09日

仏頂山(2006.07.08)

仏頂山(430.84m)は、笠間市の北西にあります。
楞厳寺の裏手にあたり、ヒメハルゼミ発生地は国の天然記念物に、楞厳寺の山門は国の重要文化財に指定されています。

山頂へは関東自然歩道が整備されているのですが、急な階段道であり人工物はあまりうれしくないので、旧道から登ることにしました。
楞厳寺.jpg

山門の脇に停めさせてもらいます。
室町時代の建立ですって。そんなのがさりげなくここにあるのがすごい!
北西に向かって歩き始めます。
Img_0739sanmon.jpg

最奥の民家の手前に、山に分け入る道がありました。
民家のご主人に伺ったところ、「山に入って2つめの橋の手前を左に、沢沿いに行けば仏頂だよ」とのことでした。が・・行き止まりでした。
沢を引き返し、2つめの橋を渡って100mくらい行くと、左に分岐するところがあって、そこを西に行きます。

どんどん登っていくと、やがて道は消え、とんでもない急登になります。
ずり落ちないように木にすがりながら、あえぎながら登ります。
Img_0764sanpuku.jpg

やがて、歩道と合流します。
仏頂三角点は欠けて、赤く塗られて、歩道の上にありました。
Img_0771sankaku.jpg


帰りは階段の歩道をたどります。
地形図で274.9mの茗荷沢三角点は、すぐ上を通ったはずなのに見逃してしまいました。

楞厳寺の参道脇には、立葵が風に揺れていました。
Img_0810aoi.jpg

Img_0811aoi.jpg

このピンクの花は、何というのでしょうね。
Img_0806pink.jpg

Img_0814pink2.jpg

急登では汗が噴き出し、苦しくつらいものでしたが、それだけにその後の爽やかさは格別でした。

歩行距離:5.9km
歩行時間:3時間25分


posted by 単身赴任 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。