2011年03月29日

本庄宿〜高崎宿(11.03.29)

震災による自宅待機の実質最終日、下の娘と本庄宿〜高崎宿を歩いた。
110329高崎.jpg

本庄城趾。豪族の本庄氏が弘治二年(1556)に築城したのだと。
右のケヤキは築城時に植えられたもの。江戸時代より前だ。
IMG_9822本庄城趾.JPG IMG_9829大けやき.JPG

図体だけは立派な本庄市役所と、庁舎を取り巻く池の鯉。バカ丸出しですな。
こちらも参考。まさに「税金を1円たりとも無駄にしない」という態度はおよそ感じられない。
IMG_9833市役所.JPG IMG_9840鯉.JPG

永禄三年(1560)創業の戸谷八と、元禄二年(1689)創業の回船問屋・岸屋。
IMG_9845戸谷八.JPG IMG_9847岸屋.JPG

歴史民俗資料館は昔の本庄警察。中には昔のものがいっぱいある。
右は二階のバルコニーから。田村本陣の門が見える。
IMG_9856資料館.JPG IMG_9872資料館.JPG

浅間山古墳と、一里塚跡。こんなのがあるとは知らなかった。
IMG_9887古墳.JPG IMG_9912一里塚.JPG

天正十年(1582)の神流川の合戦で難にあったという、大光寺の山門。
見透し燈籠は浮世絵にも描かれているそのもの。
IMG_9927山門.JPG IMG_9931見透燈籠.JPG Kisokaido_Honjo.jpg

元禄十五年(1702)の諏訪神社の鳥居。
IMG_9963鳥居.JPG

明治天皇の行在所と、その前の新町道路元標。
IMG_9971行在所.JPG IMG_9974道路元標.JPG

上州櫓の民家と、白壁の川端家住宅。
IMG_9995上州櫓.JPG IMG_0001川端家.JPG

お伊勢の森。読んでちょ。
IMG_0005お伊勢の森.JPG IMG_0006お伊勢の森.JPG

柳瀬橋と、北向観世音。
IMG_0020柳瀬橋.JPG IMG_0030北向観世音.JPG

陸軍用地の石標。
IMG_0031陸軍用地.JPG

倉賀野宿の閻魔堂と説明板。右が中山道で左に行くと日光例幣使街道。
IMG_0052閻魔堂.JPG IMG_0040説明板.JPG

閻魔堂の燈籠には雷電為右衛門の名前が見える。
IMG_0043雷電.JPG

倉賀野宿の脇本陣と、高札場。
IMG_0053脇本陣.JPG IMG_0056高札場.JPG

高崎城の乾櫓と、東門。
IMG_0094乾櫓.JPG IMG_0090東門.JPG

城趾公園にあった不気味なサックスと、高崎駅。
IMG_0083不気味.JPG IMG_0096高崎駅.JPG

歩行距離:28.6km


posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 町歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。