2010年07月31日

月居山〜男体山(10.07.31)

月居山〜男体山を往復するつもりだったが、あきらめた。根性なしだ。
標高図は日経平均株価にそっくり。
100731男体山.jpg 100731男体山断面.jpg

月居山の廃寺の鐘。もっと激しく撞いて・・・
Img_0290鐘.jpg

どどーんと、男体山の頃藤一等三角点。男体山を「頃富士」と言うらしい。
Img_0306頃藤一等.jpg

片道だけでそうとう疲れた。短距離なのに妙に疲れるコースだ。
往復する気力はないので、奥久慈パノラマラインに降りて袋田に戻った。
奥久慈パノラマライン、あっちにうねうね、こっちにうねうねして進まない。

藁屋根の民家。
Img_0322藁屋根.jpg

峠の茶店から見返したのは長福山だろうな。
Img_0336長福山.jpg

歩行距離:19.0km


posted by 単身赴任 at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暑い夏の低山登山、お疲れ様。
〔藁屋根の民家〕の蕎麦食べました?。

そちらでは、何時頃から新蕎麦を食すことが
できるのですが?
美味しい新蕎麦が食べられる時期になったら
久しぶりにそちらに行こうかな...。
Posted by haya at 2010年08月01日 09:34
藁と蕎 見間違えました。
失礼。
Posted by haya at 2010年08月01日 09:36
藁も、蕎も、葛も、単独だったら見分けがつきません。漢字、難しいあるね。

藁屋根の民家は、蕎麦屋ではありません。現住の民家です。「現住」というところがすごいです。さすが奥久慈。
Posted by 執筆者 at 2010年08月01日 10:24
監獄から人食いbambiが食いついてこないな。
強制労働がきつくて、それどころじゃないって?
Posted by 執筆者 at 2010年08月03日 05:43
別に。
初老人の娯楽に付き合うのも面倒になったので。
Posted by bambi at 2010年08月03日 21:26
生きていたか!
年寄りは大切にしないとイカンぞ。
てか、ワシは年寄りではないわい。
Posted by 執筆者 at 2010年08月03日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。