2010年06月06日

天神ヶ岳(10.06.06)

山方の西、天神ヶ岳付近の三角点を歩いた。天神ヶ岳の地図はこちら
100606天神ヶ岳.jpg 100606天神ヶ岳断面.jpg

陰陽山へは五年前、茨城の山歩きを始めたとき以来だ。
陰陽山は分県登山ガイドにも記載されているが、ここを載せるならほかに載せる山があるだろうに。盛金富士とか生瀬富士とか鶏足山とか。

陰陽神社の石段と、狛犬。
ほんとうは高麗犬だと台座に書いてある。左側のは盗まれた?
近い将来、道祖神とか庚申塚とかの古いものは消えてしまうだろう。
Img_9563石段.jpg Img_9570高麗犬.jpg

陰陽神社裏の陰陽石。あの形ではありません。
右は山頂からゴルフ場方面。今日唯一の展望ポイント。これから行く大杉山が見えている。
Img_9586陰陽石.jpg Img_9579遠景.jpg

ゴルフ場から回り込んで大杉山に直登しようとしたが、斜面が打ちっ放しの練習場になっていて断念。
県道からの取り付きは強烈なヤブ。山頂直下は岩場だった。

大杉山四等三角点。展望なし。
山頂直下の大杉神社の祠。ここから道が明瞭になる。
県道から見返した大杉山。
Img_9604大杉山四等.jpg Img_9614神社.jpg Img_9621大杉山.jpg

天神ヶ岳への尾根は歩きやすい。

山頂の天神ヶ岳三等と、直下のパラボラアンテナ。
だれも来ない山頂でいつものように読書。
Img_9644天神ヶ岳三等.jpg Img_9638パラボラ.jpg

北皆沢への降りは踏み跡がほぼ明瞭。
北皆沢から南皆沢への旧道は完全に消え失せて、湿地帯の強烈なヤブになっていた。

前八ツ四等。地形図にはないが、直下を舗装路が通っている。
Img_9656前八ツ四等.jpg

帰り道、犬が軽を運転していた。どーなっとるんだ。どーでもいいか。
Img_9665犬.jpg

歩行距離:9.7km


posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうやすやすとそっちの罠には引っ掛かりませんから!
Posted by bambi at 2010年06月09日 01:21
オゥ!ワンダフォー
Posted by 短針歩忍 at 2010年06月09日 02:09
ワナですか?
意味、わかりません・・・
Posted by 単身赴任 at 2010年06月09日 06:01
bambiさま
陰陽石はワナではありませんです。写真の左側が陽石、右側が陰石で、ただの普通の大岩です。食いついてきたからワナにかかったと同じことですねん。

短針歩忍さま
魅鬼茶的ダジャレの匂いがプンプンしてます。犬だからワンダフォー?もう、犬も食いつきませんですねん。
Posted by 執筆者 at 2010年06月09日 20:57
「近い将来、道祖神とか庚申塚とかの古いものは消えてしまうだろう。」と書いたが、朝日新聞の記事にこんなのがあった。

「狙われる「市井の文化財」 地蔵や狛犬、盗難被害相次ぐ」
http://www.asahi.com/culture/update/0817/TKY201008170389.html

江戸時代の石の古い道標が、いまでもそこにあるのが不思議なくらいだ。買うヤツがいるから盗んで売るヤツが現れる。罰があたるなんてことばは死語になった。
Posted by 執筆者 at 2010年08月23日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。