2010年02月07日

高萩マラ歩ン(10.02.07)

ひたちなか市市毛〜高萩駅の45.6kmを、国道6号沿いに歩いた。
目的は、42.195kmを6時間で歩けるかどうかを試すためだった。
勝田マラ歩ンと同じように脚が疲れて、42.195kmを6時間は無理だとわかった。
あ〜、無理無理・・

Google Earthで見るルートはこちら

9:04、スタート。
まいどおなじみ、吉野家パワーからのエレベータ塔。天気が良い。
右は水戸工場北のT字路。見慣れた風景。45km歩く悲壮感はない。
IMG_4066エレベータ塔.JPG IMG_4067国道.JPG

笠松運動公園のモニュメント「まごころ」。S49年の茨城国体の制作。
10:32、東海村の境界を越える。
IMG_4083運動公園.JPG IMG_4086東海村境.JPG

10:54、二軒茶屋の交差点。左にすぐのところに、臨界事故のJCOがある。
二軒茶屋を過ぎると、はじめて「高萩」の文字が出てきた。日立18km、高萩34kmかぁ・・
IMG_4097二軒茶屋.JPG IMG_4098道標.JPG

11:18、久慈川にかかる榊橋。向こうが風神山。尾根の右端に日立研究所が小さく見える。
11:26、日立市境界を通過。
IMG_4107榊橋.JPG IMG_4113日立市境.JPG

11:42、日立南太田のインターチェンジ。
12:10、石名坂の長いだらだら坂を登る。歩道が無いのはここだけだった。
坂を登り切ると、日立研究所の入口。
IMG_4117日立南太田IC.JPG IMG_4129坂.JPG IMG_4135日立研究所.JPG

12:36、大甕神社に寄り道。
神社裏にあった泉川の道標。岩城相馬街道と巡礼道の分岐点。
IMG_4139大甕神社.JPG IMG_4142道標.JPG

大甕神社の北側から海が見えた。
13:58、常陸多賀の町並み。左側のけやきの枝、切りすぎじゃない?
IMG_4144海.JPG IMG_4150けやき並木.JPG

14:48、助川海防城址と説明板。読んでみてちょ。
大佛次郎の「夕顔小路」、読んでみるか。
IMG_4161助川城址.JPG IMG_4166説明板.JPG

15:03、日立市役所。
むこうの高台には、かみね公園の遊園地が見える。子ども連れによさそう。
15:17、かみね公園の入口にある神峰神社。
IMG_4171日立市役所.JPG IMG_4174かみね公園.JPG IMG_4179神峰神社.JPG

神峰神社の裏手に、久原房之助と小平浪平の碑があった。
説明書、読んでみてちょ。小平浪平は怖そうなオヤジだな。
IMG_4186小平波平碑.JPG IMG_4184説明書.JPG

15:55、常磐線を越える。単調な道だ。ひたすら歩く。
16:40、夕日に染まるお城のような建物。これ、民宿だそうだ。海が見える。
IMG_4194常磐線.JPG IMG_4199お城の民宿.JPG

16:49、日立北インターチェンジ。薄暗くなってきたぞ。
17:00、高萩まで7km。ここからがいちばんつらかった。
IMG_4201日立北IC.JPG IMG_4206高萩7km.JPG

18:17、暗くて見にくいが、高萩市の境界。もう、よれよれ。
IMG_4215高萩市境.JPG

茨城トヨタで聞いてしまった。
「勝田から歩いてきました。駅までどのくらいですか?」
「クルマでですか?」・・ってねぇ、歩いてきたって言ってるじゃん。

18:57、高萩駅に到着。9時間53分かかった。
19:16発の各駅停車で勝田に戻った。飛行機のように速い。たったの40分だった。
IMG_4219高萩駅.JPG 100207キップ.jpg

総歩行距離:49.5km


posted by 単身赴任 at 21:06| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
42.195kmを6時間以内で走ったbambi氏、糊P氏が、神に見えます。
Posted by 執筆者 at 2010年02月07日 21:13
では、今後は神と呼びなさい。
Posted by bambi at 2010年02月07日 22:01
便所の神ね。のほほ・・
Posted by 執筆者 at 2010年02月07日 22:17
歩いちゃったんですか。
残念。。(・△・;)
Posted by haya at 2010年02月08日 20:37
hayaさま
天気が良かったので歩いちゃいました。
次回、南に向かって土浦まで、というのもありますけど。
あるいは、勝田マラソンのコースをもう一度とか。
Posted by 執筆者 at 2010年02月08日 21:26
高萩まで徒歩なんて、考えられへん。
日立といえば、湯楽の里行けばよかったのに。

http://www.yuranosato.com/tenpo/hitachi.html

Posted by bambi at 2010年02月09日 22:07
マラ歩ンより、山歩きのほうがやっぱりいいなぁ。
山頂への急坂を登り終えたあとの爽快感が、マラ歩ンには感じられないし。

んでも、土浦まで行ってみたい気もするけど。
行けば行ったで、残るものはあるから。
Posted by 執筆者 at 2010年02月09日 22:40
hayaさま
本庄からだと、
本庄→横川が48km、本庄→上尾が49kmですな。
日本橋からだと、どこまで行けるんだろう?
Posted by 執筆者 at 2010年02月19日 07:08
桶川 40km、鴻巣 48km
ちなみに本庄までなら約87kmでしょうか?

こちらを見て、う〜ん。歩いてみたい。
無理かな?
http://www.tg.rim.or.jp/~ejiri/


Posted by haya at 2010年02月19日 21:28
おもしろそうですねぇ。
http://www5.big.or.jp/~ejiri/nakasen/vtnakasen.htm
このようにきちんと見ながら歩くと、ペースは時速4kmくらいに落ちそうですね。
GW実行では、途中は宿場に泊まるのですか?
Posted by 執筆者 at 2010年02月20日 02:08
おはようございます。
@清川八朗
A皇女和宮
B飛脚
いろいろあります。
これからじっくり考えて行きましょう。

ちなみに、
執筆者と私が書いたリンク先は同じ人(本庄の人ですよ)

これから、Hospitalに行ってきます。
Posted by haya at 2010年02月20日 06:48
hayaさま
きょう、娘に聞いたら、「日本橋から本庄、歩きたい!」ですって。
なので、ゴールデンウィークの日本橋から本庄歩きは、hayaさまとは別行動ということで・・・
Posted by 執筆者 at 2010年03月22日 23:00
かかとの痛さから回復しつつあるhayaです。
久しぶりの書き込みです。
先週末、かかとの回復を確かめるために
本庄から横川に向って中仙道を歩いてみました。
中仙道   良いですよ。
何がって、
@史跡めぐりができる
A色々な花を見ることができる
B鶯の発生練習が聞こえる
C高崎ダルマの制作過程が見える
D上州の山々の位置が確認できる
Eつくしの佃煮を頬張ることができる
等、盛りだくさん。

結局、高崎宿を過ぎ、烏川を渡ったころから
かかとが痛くなり、痛さをかばって歩き続けたため、
逆足のももの付け根が悲鳴を上げ、安中宿手前で終了。

7時間かけて歩いたのに、電車ではたったの29分。
改めて文明の力を痛感しました。

今週は、安中から横川までを歩こうかな?
歩けば、本庄から軽井沢まで歩いたことになります。
GWは、執筆者とは歩けませんが、一足先に日本橋〜本庄間を歩こう。
Posted by haya at 2010年04月06日 21:48
hayaさま、こんばんは。

中山道、日本橋から本庄の見どころ計画を立てています。越後屋〜赤門〜とげぬき地蔵・・・

ようやく荒川の戸田橋までまとまりました。
全部まとまったらGoogleEarthのファイルで書き込みます。

約95kmあるので、2日間では厳しいですね。5/2〜5/4で歩こうと思っています。
Posted by 執筆者 at 2010年04月06日 22:12
執筆者はいろいろ歩いているからお分かりと思いますが、
トイレの位置を確認しておいたほうがいいかも?
(都会を歩くので心配ないかもしれませんが..)
田舎へ行けば行くほど、主街道から外れれば外れるほど、
トイレができる施設が少なくなりす。

昔は、中仙道近隣のお百姓さんが仮説トイレを設け、
旅人に利用してもらい、それを畑の肥やしにしていたらしいです。
また、肥やしにもランクがあり、最もランクの高かい肥やしは
参勤交代の大名のものだったらしいです。
(そのようなことを調べている人がいることも驚いたのですが)
Posted by haya at 2010年04月07日 21:22
そういえば子どもの頃は、畑のあちこちに糞尿を溜めておく「野壺」がありましたね。「どつぼにはまる」というのは、ここから来ています。
Posted by 執筆者 at 2010年04月07日 22:58
勉強になりました。
私が住んでいたところでは「肥溜め」と言ってました。
子供のころを「どつぼ」を飛び越える遊びが流行って、数回落ちたことがあります。
家へ帰ると母親にこっぴどく叱られた記憶があります。
あのころは、飛び越えられるかられないかが最重要課題でした。
なんでだろう?

執筆者様は例幣使街道というものを知ってました?。
また、勉強をさせて下さい。
Posted by haya at 2010年04月08日 22:05
「どつぼ」に中身はあったのですか?

固形物が浮いてガビガビに固まって、フタのようになってるので一見固そうですが、踏んだらたいへん。ずっぽりといなかの香水です。
昔はトイレットペーパーなんて無かったから、新聞紙が浮いていたりとか。

そろそろbambi98から「きたない話をしないでください」とクレームが来そうだ。
Posted by 執筆者 at 2010年04月10日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。