2009年10月12日

篭岩山(09.10.12)

予告の事前偵察として、釜沢越〜篭岩山〜篭岩〜不動滝を回った。
地図はこちら
091012篭岩山.jpg 091012篭岩山断面.jpg

佐中の一軒家の横に駐車し、奥久慈パノラマラインを歩く。

パノラマラインから釜沢越への取り付き。右は、歩きやすい尾根道。
Img_9502取り付き.jpg Img_9505釜沢越.jpg

道はやがて急登になり、釜沢越の峠に出た。
右は、湯沢源流の左岸に見えた作業小屋。前回と比べて水がほとんど流れていない。
Img_9511釜沢越.jpg Img_9512作業小屋.jpg

分岐1で源流から分かれ、ひと登りで尾根。
背丈ほどの笹ヤブをかき分け、さらにひと登りで篭岩山頂。

左は、山頂の三角点と、遠くに見えた男体山。
一時間ほど読書と昼寝。右は、昼寝中の訪問者、キリギリスくん。
Img_9518篭岩山.jpg Img_9531キリギリス.jpg

キレット2カ所。ほぼ垂直の崖を10mほどロープで登る。注意すれば危険度は高くない。
Img_9546ロープ.jpg Img_9552ロープ.jpg

分岐2で上山ハイキングコースに乗る。予告のコースでは、篭岩に直行する。

一枚岩の岩場でナスの丸焼き。うまいんだな、これが。
Img_9566茄子.jpg

峠の分岐3を町道方面に降りる。竜神川方面は、プチ遭難のときのコース。
右は、町道から見返した下山路方向。
町道に出るには赤い屋根の民家の庭先を通る。おばちゃんが「どうぞどうぞ」って。
Img_9569峠.jpg Img_9578民家.jpg

町道から見えた柿の風景。
右は、稲架木置き場。はるか昔に絶滅したかと思ってた。なつかしいなぁ。
Img_9581柿.jpg Img_9583稲架jpg.jpg

赤い橋を渡ると、右が篭岩。揺れるはしごで上に登れる。
Img_9587橋.jpg Img_9592篭岩.jpg

篭岩に祀られていた石仏群。右の石仏は、洞窟を独占していた。
Img_9598仏群.jpg Img_9602仏像.jpg

不動滝を見下ろしたところ。下の方に鳥居が見える。
右は、駐車場所から見返した篭岩。
Img_9613不動滝.jpg Img_9628篭岩遠景.jpg

歩行距離:7.6km


posted by 単身赴任 at 20:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
焼きナスおいしそうですね。
秋になりそろそろ紅葉ですね。
紅葉がきれいな時までには帰ります。
Posted by bambi at 2009年10月15日 07:28
ナス焼くと中でグツグツ煮立ってきて、穴から蒸気がプシュー!
3コ食べたら、ずっとンコが出なくて。便秘成分があるのかなぁ・・
Posted by 執筆者 at 2009年10月15日 21:53
ンコ話ばっかりですね。
私は辛いものばかり食べてるので、毎日下痢です。
Posted by bambi at 2009年10月15日 22:20
焼いて旨いものってなんだろう。
イモ、クリ、リンゴ、バナナ?
あと、ネズミとかヘビとか。
写真見ると、モグラの丸焼きに見える。
Posted by 執筆者 at 2009年10月15日 22:57
すいません。
韓国人にこのHPを教えてしまいました。
韓国では登山がとても盛んです。
とても興味深そうに見てました。
韓国には登山用品専門店が本当に多いんです。
でも値段は日本より高いので買うのはやめました。
Posted by bambi at 2009年10月16日 22:29
日本語、わかる人ですか?
わかるとすると、1〜2行目の表現は微妙かと。
1〜2行目、削除しておきますか?
Posted by 執筆者 at 2009年10月17日 02:16
日本語はわかりますが、別に問題ないと思います。
Posted by bambi at 2009年10月17日 11:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。