2009年06月27日

妙見山・里美(2009.06.27)

旧・里美村の妙見山に登った。地図はこちら

090627妙見山.jpg 090627妙見山断面1.jpg

林道脇に車を停める。地形図の破線の道は消滅しているようだ。
地形図にない林道をジグザグに登る。
やがて林道は倒木で行き止まりとなり、尾根に取り付く。

左は大輪のシダ類?右は静謐な尾根。ウグイスが聞こえる。
Img_8247shida.jpg Img_8251one.jpg

尾根の明瞭な踏み跡に気がゆるみ、道を間違える。
妙見山への分岐点は、踏み跡がなくちょっとわかりにくい。

妙見山三等三角点。展望は無く、どことなく陰気な山頂。
Img_8256sankaku.jpg

南への明瞭な尾根を下る。途中で読書と昼寝。

目が覚めたら屁こき虫(カメムシ)が5〜6匹留まっていた。黒く塗ればゴキブリだ。
Img_8309mushi.jpg Img_8305mushi.jpg

県道に出た。戻るために破線の道を探したが、やはり消滅している。
笠石集落経由で県道を戻るのはつまらないので、再度妙見山に登り直すことにした。

この山には○○ウム・○○マタ○○という珍しい石が出るらしい。
不心得者に検索されるとまずいので、伏せ字にした。
石の周辺はフェンスで囲まれていた。興味がないので素通り。
Img_8334kinshi.jpg Img_8335pegma.jpg

フェンスから薄い踏み跡を登る。
本日二度目の三角点。同じ日に同じ三角点を通るのははじめてだ。
Img_8337sankaku.jpg

行きと比べて三分の一くらいの時間感覚で車に戻り着いた。
「帰り道は短い」というのは、ベルグソン時間のためだろうか。

歩行距離:3.9km
出会った登山者:なし


posted by 単身赴任 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。