2011年11月23日

フジイ越〜小草越・大円地越〜男体山

古分屋敷〜フジイ越〜小草越〜古分屋敷から、大円地〜大円地越〜男体山〜大円地を廻った。
小草越〜古分屋敷は踏み跡が途切れていて、ちょっとわかりにくい。
小草越.jpg 小草越断面.jpg

パノラマラインの古分屋敷橋から見た、男体山と古分屋敷。
IMG_2732トンネル.JPG

古分屋敷から見た岩陵。右はカシミールによるCG。
IMG_2781岩陵.JPG 小草越カシバード.jpg

難なくフジイ越。入道岩から見た鷹取岩は頂上が一部崩落している。
IMG_2741フジイ越.JPG IMG_2746鷹取岩.JPG

曾根四等三角点と、付近から見下ろした古分屋敷。
IMG_2747三角点.JPG IMG_2750古分屋敷.JPG

小草越からは笹ヤブをかき分けて降りる。小草越直下の鎖場は泥で滑りやすい。
IMG_2753小草越.JPG IMG_2755鎖場.JPG

途中、2箇所ほど間違えやすい。目印のテープを見落とさないように。

小草越の分岐に出た。民家の前を抜ける。
IMG_2774小草越分岐.JPG IMG_2776民家.JPG

古分屋敷から大円地に出て、一般コースを大円地越に登る。人が多い。

風のごとく降りていく山伏。朝から響き渡っていた法螺貝を背負っている。
IMG_2796山伏.JPG IMG_2798山伏.JPG

毎度おなじみ、男体山の頃藤一等三角点。ICチップが埋め込まれていた。
IMG_2813三角点.JPG IMG_2815チップ.JPG

山頂の神社。直下の東屋では倒木で道標がつぶされていた。
IMG_2816神社.JPG IMG_2820倒木.JPG

健脚コースを降りる途中で見た黄葉。
IMG_2821黄葉.JPG IMG_2822黄葉.JPG

夕日の男体山。「崩落跡がいやらしい」とタヌキ氏。さすが目の付け所がちがうな。
IMG_2827男体山.JPG

歩行距離:8.4km
読図度:小草越からの降りは高
体力度:中


posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。