2011年05月03日

高崎宿〜安中宿(11.05.03)

前回に続いて、高崎宿〜安中宿の入口を歩いた。
とりあえず写真だけ。地形図は後日。

中高生で賑わう高崎駅。駅前のコミュニティFM局は76.2MHzのRADIO TAKASAKI。
IMG_0517高崎駅.JPG IMG_0523RADIO_TAKASAKI.JPG

蔵造りの商家と、長松寺。長松寺付近の赤坂までが高崎宿。
IMG_0524蔵造り.JPG IMG_0531長松寺.JPG

岡醤油のレンガ煙突。すぐ前には山田文庫のレンガ塀。
IMG_0533日本一しょうゆ.JPG IMG_0537レンガ塀.JPG

君が代橋の親柱と説明。明治11年、明治天皇が渡ったのでこの名が付いたと。
IMG_0541君が代橋.JPG IMG_0544君が代橋.JPG

君が代橋と、橋から見た高崎観音。
IMG_0547君が代橋.JPG IMG_0545高崎観音.JPG

萬日堂と、道標。「榛名山 草津温泉」「かわなか かわらゆ温泉 はとのゆ」 と読める。
IMG_0553萬日堂.JPG IMG_0562道標.JPG

だるま屋の白だるまと、豊岡宿の茶屋本陣跡。
IMG_0569だるま屋.JPG IMG_0572茶屋本陣.JPG

上州櫓の民家で国道に合流。国道脇には群馬県内に唯一残る、藤塚一里塚。
IMG_0580上州櫓.JPG IMG_0586一里塚.JPG

鼻高橋。
IMG_0588鼻高橋.JPG

達磨寺の梵鐘と、だるまを納めた霊符堂。
IMG_0595鐘.JPG IMG_0599霊符堂.JPG

八幡八幡宮の道標と、八幡八幡宮の鳥居。
IMG_0606八幡八幡宮.JPG IMG_0607鳥居.JPG

板鼻本陣跡と、皇女和宮が泊まった本陣脇の書院。
IMG_0620板鼻本陣跡.JPG IMG_0622和宮本陣書院.JPG

鷹之巣橋までが板鼻宿。中山道はここだけが徒渉りだった。
山腹に見える工場は東邦亜鉛安中精錬所。異様だ。
IMG_0626鷹之巣橋.JPG

橋を渡ると安中宿。
諏訪神社脇の、明治天皇腰掛石と、その先の交差点の庚申塔。
IMG_0631明治天皇腰掛石.JPG IMG_0638庚申塔.JPG

国道で偶然見かけたクラシックカー。歩道橋から見た中山道は左上へ。
IMG_0653クラシックカー.JPG IMG_0659中山道交差点.JPG

熊野神社にある樹齢1000年の大ケヤキ。雷で多くをやられたが、根っこはすごい。
IMG_0665大ケヤキ.JPG IMG_0663大ケヤキ.JPG

雨が降りそうなのでここで中断。安中駅へ。
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 町歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。