2011年02月06日

石尊山三角点峰(11.02.06)

下小川駅の近く、熊野山の東にある、石尊山〜後沢〜梅木平三角点峰を歩いた。
110206石尊山.jpg 110206石尊山断面.jpg

石尊山四等の点の記にある某氏宅。
IMG_9037宅.JPG

石尊山四等三角点と、安政六(1859)年の祠。
35年前(1975)のコカコーラとスプライトの瓶が転がっていた。
三角点の埋設が昭和44(1969)年で、当時の物だ。瓶の保証金が30円だったかな?
サト丸さんが探検に来ると思って、祠の前に立てておきました。
地震や台風でも来ないかぎり、ずっとこのままだろう。
IMG_9048三角点.JPG IMG_9050祠.JPG

馬頭観世音。真ん中の大きいのは明治二十(1887)年、右のは天保五(1834)年。
IMG_9053馬頭観世音.JPG

小学校跡。後沢四等の点の記(1969)には北富田小学校と書かれている。
右は神社の鳥居から見たところ。
IMG_9058小学校跡.JPG IMG_9060小学校跡.JPG

後沢四等三角点と、傍の祠。
IMG_9065三角点.JPG IMG_9063祠.JPG

後沢四等から西は踏み跡が薄くなる。
整然とした杉林を過ぎると急斜面を下って沢に降りる。
IMG_9067林.JPG

パノラマラインから西金に抜ける県道に出た。右はパノラマラインの終点。
IMG_9069県道.JPG IMG_9074パノラマライン.JPG

梅木平三等三角点。展望は良くない。
IMG_9094三角点.JPG

大崎集落では消防訓練をしていた。
こんな手押しポンプも珍しくなったな。
IMG_9105消防.JPG IMG_9107井戸.JPG

歩行距離:9.4km
体力度:低
読図度:中・・・後沢四等から西の尾根は高

////////////////////////////////////////
下記は石尊山四等〜後沢四等〜梅木平三等の点の記。
国土地理院の閲覧システムが変更されて、今ではダウンロードできなくなった。
石尊山四等.jpg 後沢四等.jpg 梅木平三等.jpg

うーん・・・
後沢四等は傾いてるし、梅木平三等は四等の用紙で書き直してる。紛失したのか?
けっこういいかげんだな。

個人情報が垂れ流しだ。黒塗りは執筆者による。

そういえば、40年前の列車の便所は垂れ流しだった。
便器の穴から線路が見えたし、線路には●●の付いた紙が落ちてた。昔はおおらかだったな。

////////////////////////////////////////
サト丸さんが地震で倒れた祠を立て直して来られたので、サト丸さんの写真を追記します。

石尊山の祠の倒壊状態と、立て直し後。横から見ると屋根の石が前後で逆?
IMG_0243石尊before.JPG IMG_0247石尊after.JPG IMG_0250石尊後方.JPG

後沢の祠のずれた状態と、修正後。すごーい、完璧。神様の御利益間違いなし!
IMG_0251後沢before.JPG IMG_0252後沢after.JPG

////////////////////////////////////////
サト丸さんが祠の屋根を直して御神酒をあげて来られたので、サト丸さんの写真を追記します。
うー、律儀なお方だ・・・
IMG_0499御神酒.JPG
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。