2010年05月22日

生瀬富士(10.05.22)

袋田の生瀬富士を歩いた。
前回、袋田小学校へ降りるルートがわからず、今回は逆から登ってみた。
生瀬富士.jpg 100522生瀬富士断面.jpg

袋田小学校は昔ながらの木造校舎。
いやー、なつかしい。昔の学校はこんな感じだったなぁ。
Img_9428袋田小学校.jpg

民家の裏手に踏み込む。山道脇に犬がつないであって、むちゃくちゃに吠えやがる。
民家のそばにあった馬頭観世音。明治二十四年。この山道を馬が通っていたんだ。
Img_9434馬頭観世音.jpg Img_9430山道.jpg

途中3ヶ所ほど、迷いやすいポイントがある。2ヶ所は実際に間違えた。
不用意にピークを巻く道を行くと、間違った方向に誘引されてしまう。
地形が複雑なので、面倒でもピークに立って方向を確認するのが重要だ。
連れがいなくてよかった。何を言われるかわからない。

山頂直下の鞍部にも馬頭観世音。慶應三年。右手に生瀬立神への道標が見える。
Img_9447馬頭観世音.jpg

生瀬富士の山頂と、岩陵から見た立神集落。
Img_9449生瀬富士.jpg Img_9452立神集落.jpg

岩陵からの降りは踏み跡があって危険ではない。
踏み跡から逸れて鉄塔方向へ向かう。岩陵直下をケモノ道が巻いている。人が歩いた形跡はない。

薄暗い谷。
道標にあった立神への山道は完全に消え失せている。昔は馬が通ったんだ。
Img_9459谷.jpg

下山途中、登山道を外れて荒れた尾根を行くと、峯ノ草四等三角点。
三角点から登山道に降りる斜面は超ヤブ。
Img_9464三角点.jpg

登山道を下る途中、すぐ横からいきなりでかいイノシシが猛スピードで急斜面を駆け上がって行った。こんな速度で猪突猛進されたら無事では済まない。
こちらの様子をうかがっていたのだろう。こちらから威嚇しなければ逃げていくもののようだ。

歩行距離:7.7km


posted by 単身赴任 at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。