2009年07月26日

稲荷山(2009.07.26)

前回の南山の北東にある、稲荷山に登った。地図はこちら
このあたりの山には、なんとなく惹かれるものがある。
山頂直下をアップルライン(地形図の青線)が走っているが、そこからではつまらない。

090726稲荷山.jpg 090726稲荷山断面.jpg

下上沢集落に八龍神社という古い神社があり、ここの駐車場に停める。
右は、神社にあった芭蕉の句碑。
 八九間
  空に雨降る
   柳か那  ここで詠まれたものではなさそう
Img_8573jinja.jpg Img_8574kuhi.jpg

神社前の道は林道となり、やがて強烈なヤブとなって進めなくなった。
沢を横切る付近の急な斜面に取り付く。獣道の斜面は、明瞭な踏み跡になる。
ニイニイ蝉が盛んに鳴いている。汗が噴き出す。ああ、夏だなぁ。

斜面にあった木の股。別な木の枝をくわえ込んでいる。
Img_8583mata.jpg

やがて尾根に出た。倒木が少なく歩きやすい。ヤマバトとウグイスが聞こえる。
Img_8585one.jpg

左はコクワガタのメス?
右はウンチ。ではありません。LP盤くらいある巨大なキノコ。
Img_8593kuwagata.jpg Img_8596kinoko.jpg

先の方でガサガサッと音が聞こえた。獣の足音のようだ。なにかいるな。
出くわすとまずいので「ホッホッ!」と声で知らせる。

左は、稲荷山山頂の稲荷沢三等三角点。展望はない。蚊が多くて早々に退散。
右は、山頂から南西に延びる明瞭な尾根。
Img_8597sankaku.jpg Img_8601one.jpg

明瞭な踏み跡がさらに南西に続くが、谷津ヶ沢への支尾根に踏み込み、沢に降りた。
沢は茨が茂っていて歩きにくい。

ほどなく林道に出た。汗でグチョグチョ。今日も無事帰れると思うとホッとする。
だったら来なければいいのに、そういうわけにはいかない。
Img_8602rindo.jpg

左は、林道脇に咲いていたヤマユリ。
右は、神社へ戻る途中の田んぼの風景。だから山に来たいのであります。
Img_8604yuri.jpg Img_8610tanbo.jpg

歩行距離:8.0km
出会った登山者:なし


posted by 単身赴任 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。