2009年07月20日

南山(2009.07.20)

前回の新田山の北東にある、南山に登った。地図はこちら

090720南山.jpg 090720南山断面.jpg

県道から林道入口を見る。
林道沿いの集落の上には久しぶりの夏空が広がり、セミの声が聞こえる。
越ノ沢(えちのさわ)はきれいな水で、でっかいイワナかヤマメがいた。
Img_8496rindo.jpg Img_8498natsuzora.jpg Img_8500keiryu.jpg

材木を運ぶ作業車とすれ違った。
「御岳山(みたけさん)行くの?ああ、南山とも言うね。小さな祠があるよ。この林道で行けるけんど、最後は急だよ。林道は沢みたいにになってるよ。おら毎日、木を切ってるだよ」って。
右は、沢みたいな林道。
Img_8501sagyousha.jpg Img_8502rindo.jpg

工事中の林道終端から急斜面に取り付き、すぐに尾根に出た。
風のざわめきと鳥の声が気持ちよい。

尾根をひと登りで山頂の祠に出た。
祠のすぐ後ろに御岳山三等三角点があった。展望は効かない。
Img_8508hokora.jpg Img_8510sanchou.jpg

西に下る途中に送電線の鉄塔があった。
左は北の方角、右はこれから向かう南の方角。
10本向こうの鉄塔が、相川新田四等三角点あたり。14本めあたりまで見える。
Img_8520tettou.jpg Img_8521tettou.jpg

途中、白骨があった。牙が見える。
山歩きで白骨を見たのははじめて。気持ち悪い人は拡大しないで。
Img_8532hakkotsu.jpg

木の橋を渡って県道に出た。ここは先週歩いた道。ほっとする。
Img_8535hashi.jpg

県道脇の沢から急な斜面に取り付く。滑ったら沢まで一気に落ちそう。
Img_8542sawa.jpg

相川新田四等三角点は、中途半端な斜面にあった。
Img_8549sankaku.jpg

尾根の明瞭な踏み跡を行くと、祠があった。
祠の前のしめ縄をくぐって、踏み跡は南に続いていた。
Img_8550hokora.jpg Img_8552shimenawa.jpg

祠から東への尾根は、踏み跡が薄くなる。
Img_8553one.jpg

やがて地形図にない新しい林道に出た。ジグザグに下ると地形図の林道に合流した。
林道沿いの渓流で顔を洗う。気持ちが良い。今日の一日はここに凝縮された。

林道入口にあった、林道開設の記念碑。
Img_8562sekihi.jpg

歩行距離:8.5km
同行者:なし 出会った登山者:なし 出会った作業のおじさん:1名


posted by 単身赴任 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。