2009年03月28日

横根山周回(2009.03.28)

名馬里ヶ淵(なめりがふち)〜イワウチワ群落〜横根山〜花貫ダムを周回した。
横根山.jpg 横根山断面.jpg

A地点、名馬里ヶ淵を右岸に渡って山道に取り付く。
Img_6766namerigafuchi.jpg Img_6770namerigafuchi.jpg Img_6785namerigafuchi.jpg

イワウチワは標高の低いB地点でちらほら咲き。標高が高いC地点ではつぼみもなかった。
Img_6799tsubomi.jpg Img_6789iwauchiwa.jpg Img_6847iwauchiwa.jpg

D地点、都室三等三角点(449.99m)。
Img_6805sankaku.jpg

D〜Gの尾根道は笹が刈り払ってあり、道標も整備されていて歩きやすい。

E地点の沢尻湿原と、F地点のさくら公園へ下りる分岐のピーク。今回はここを下りない。
Img_6818shicchi.jpg Img_6823peak.jpg

G地点、横根山山頂の柏三等三角点(389.36m)。電波の反射板があった。
Img_6828sankaku.jpg Img_6826sancho.jpg

H地点にもイワウチワの小群落があった。
H〜Iは踏み跡の薄い急勾配で、ちょっと厳しい。

H地点付近から見えた高萩市方面。I地点、花貫川第一発電所の小屋の下に出た。
Img_6840enkei.jpg Img_6848hatsudensho.jpg

J地点のさくら公園からダム対岸に登ろうと探したが危険そうなのでやめた。
K地点、花貫ダム。対岸はガケなので、やはり危険。やめて正解。
遠くに太平洋が見えている。ダムから海が見えるのは、日本ではここだけらしい。
Img_6890damu.jpg Img_6887umi.jpg Img_6888damu.jpg

L地点、国の有形文化財に指定されている水路橋。
大正七年の完成。今でも現役で水が流れているのは感動もの。
この水がI地点の花貫川第一発電所まで流れて行って電気になる。
Img_6898suirokyou.jpg Img_6907suirokyou.jpg Img_6905suirokyou.jpg

M地点、地形図にない花貫四等三角点(192.71m)は、ふるさと自然公園センターの裏にあった。
右はダム湖に立ち枯れた木々。
Img_6921sankaku.jpg Img_6926damuko.jpg

歩行距離:11.6km
歩行時間:6時間36分
出会った登山者:熟年夫婦2組4名


posted by 単身赴任 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。