2007年11月18日

鶏足山(2007.11.18)

急に冷え込んで、車には大量の朝露が降りていました。抜けるような青空です。
茨城県城里町と栃木県茂木町との境にある鶏足山を、県境の尾根伝いに歩きました。
鶏足山.jpg 鶏足山断面.jpg

A地点の峠手前の空きスペースに停めました。
峠は切通しになっていて、尾根に取付くため急な崖をよじ登ります。

明るい尾根道です。
まっ青のカンバスに、輝く緑や黄色が揺れています。
Img_8170onemichi.jpg

B地点、我々箱四等三角点(274.06m)です。隈笹に隠れていました。
右は、同地点から北に見えた焼森山です。
Img_8175sankaku.jpg Img_8178yakimoriyama.jpg

C地点への明るい尾根道に生えていた小さな木、ヤブコウジです。縁起の良い木なのだそうです。
Img_8180yabukouji.jpg

C地点の分岐を西に折れ、焼森山に向かいます。

D地点、焼森山の山頂です。周囲は切り払われ、展望が開けています。
栃木県側から登って来られたという男性の方とお話しました。無事、帰られましたか?
右は、立ち木に打ち付けられた山頂標です。ご丁寧に樹皮を切り取ってあります。
Img_8195yakimoriyama.jpg Img_8191nantekotosuruno.jpg

E地点への尾根の道ばたに、ぽつんと咲いていたアザミ。
遠くから、真岡鐵道の蒸気機関車の汽笛が聞こえてきます。
Img_8200azami.jpg

E地点、下赤沢二等三角点(430.48m)です。
地形図だけ見ると、ここが鶏足山と間違えそうです。
「鶏足山山頂」と大書きされた表示が紛らわしい。
Img_8206sankaku.jpg

F地点、鶏足山の山頂です。すばらしい展望が開けていました。
Img_8211keisokusan.jpg

少し降りたG地点の断崖絶壁、護摩焚石です。
Img_8225gomatakiishi.jpg

H地点の鶏石です。右は、下から見上げてみた鶏石です。
Img_8238niwatoriishi.jpg Img_8237niwatoriishi.jpg

E地点に戻り、尾根沿いに下ります。
途中にあった道標。鶏足山方向なのに×が書かれていますが・・・?
Img_8246douhyou.jpg

I地点で林道を横切り、赤澤富士に向かいます。はっきりした踏み跡です。

J地点、赤澤富士山頂にあった浅間神社の祠です。
右は説明文です。なるほど・・
Img_8254fuji.jpg Img_8251fujisetsumei.jpg

薄い踏み跡を下り、K地点で下界に出ました。
Img_8257deguchi.jpg

上赤沢の民家の軒先にあった、赤く熟した「ちんぼ柿」です。
「ちんぼ柿」とは出身地の愛知での呼び名です。正しい名前は知りません。
子供のころには見向きもしませんでしたが、なぜか懐かしい。
Img_8265chinbo.jpg

民家の道沿いに咲いていた菊です。咲いていた順番に。
Img_8272kiku.jpg Img_8274kiku.jpg

Img_8275kiku.jpg Img_8278kiku.jpg

Img_8280kiku.jpg Img_8284kiku.jpg

Img_8286kiku.jpg Img_8287kiku.jpg

歩行距離:8.2km
歩行時間:4時間41分
出合った登山者:2名


posted by 単身赴任 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。