2007年09月09日

妙義山・群馬(2007.09.09)

兜岩山からの撤退の帰りに、妙義山に登ることにしました。
妙義山.jpg

A地点のさくらの里の大駐車場に停めました。
5月2日に来たときは、さくらの里にはまだ八重桜が咲いていましたが、先日の台風で桜の木もだいぶ倒されていました。

B地点の登山口からすぐに、C地点の第一石門、D地点の「かにの横ばい」、E地点の第二石門と続きます。
Img_6968_1mon.jpg Img_6974_2mon.jpg

E地点の第二石門の向こう側は「つるべさがり」という岩壁になっていて、鎖で下りました。
Img_6976kudari.jpg Img_6981kudari.jpg

F地点の第三石門分岐を通り、G地点の第四石門に出ます。
第四石門の向こうには、H地点の「大砲岩」と「ゆるぎ岩」が見えています。
Img_6987_4mon.jpg Img_7005_iwa.jpg

大砲岩の側に行くため、途中の岩を越えていきます。
「天狗のひょうてい」は、写真ではわかりませんが断崖絶壁の上です。
Img_6989iwa.jpg Img_6994tengu.jpg

登山道には木が倒れていて、それを乗り越えようとするhayaさんと、あきれて見ているあっ君です。
登山道を降りていくと、I地点に中之岳神社がありました。
Img_7002tozandou.jpg Img_7008_jinja.jpg

神社の石段を下りると、J地点に日本一の大黒様がありました。なんだかなぁ・・・
駐車場から、だれかの頭の向こうに妙義山を見返してみました。
Img_7014daikoku.jpg Img_7019atama.jpg

歩行距離:3.5km
歩行時間:3時間23分


posted by 単身赴任 at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兜岩山・撤退(2007.09.09)

9月6日の台風9号の影響が気になったのですが、長野県佐久市の兜岩山に出かけました。
同行者は、hayaさんとあっ君と、独身貴族のhigashi君です。

荒船不動の駐車場まで車で行くつもりが、早くも通行止め。
A地点の空き地に停めて、ともかく行ってみることにしました。
兜岩山.jpg

B地点の「通行止め」の表示の横をすり抜けていく三人組です。
Img_6960tukoudome.jpg

数百メートル行ったC地点で、道路が土砂崩れで完全に埋まっていました。
行けそうかどうか土砂に登ってみたのですが、D地点の兜岩山まではとても無理との判断で引き返すことにしました。
Img_6962dosha.jpg Img_6965dosha.jpg

帰る途中のE地点、内山大橋から見た兜岩山です。次回はいつ登れるでしょう。
南牧村では、まだ孤立している集落があるそうです。
Img_6966kabutoiwa.jpg

帰り道、鏑川に架かっていた橋が流されていました。
F地点の上流で、南牧村からのを含めて5〜6本の川が合流して鏑川になります。
橋流失.jpg

F地点で流された橋です。左の岸は、上面まで赤く削り取られています。
Img_7030ryushitsu.jpg

上信電鉄は、G地点のトンネルの向こうで土砂崩れがあって、まだ不通でした。
廃線のように線路が赤く錆びていました。
Img_7037senro.jpg
posted by 単身赴任 at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。