2006年12月24日

上高塚三角点峰(2006.12.24)

上高塚三角点峰(369.94m)は、水郡線西金駅の南東に位置する電波塔のある山です。国道118号を南下すると、西金大橋をわたる直前あたりで正面に見えてきます。
061224上高塚山.jpg

写真はM地点から見た上高塚三角点峰です。電波塔の左のピークです。
Img_3405r118.jpg

A地点の空き地に車を停め、舗装路を行きます。
B地点では舗装路をまっすぐに行きます。帰りは、写真の左側の山道に戻ってきました。正面の枝越しに電波塔が見えます。
Img_3396minka.jpg

やがて舗装路を外れ、山道に入っていきます。
C地点では地形図の破線の道がわからず、谷底まで探しに行ってしまいました。結局見つけられず、尾根をたどることにしました。
倒木や小枝で荒れた感じの尾根道を行きます。
Img_3331yamamichi.jpg

尾根から杉の植林の薄暗い斜面になります。破線の道が斜面を横切っているはずですが見つかりません。仕方なく、薄い踏み跡を外さないようにトラバースしていきます。
D地点付近には動物の大きな糞がありました。毛が混じっているので、肉食獣?何だろう?
Img_3337unchi.jpg

明るい斜面から再び杉の植林に入り、さらに進むとE地点の尾根に出ました。ここから先への道が見あたりません。地形図とは違った一段低い道を進んできたようです。道を探しに尾根を上に向うと、F地点ではっきりとした踏み跡の道に交わりました。

F地点から鞍部を越えると、鄙びた後在所集落の裏手に出ます。民家の脇から舗装路を少し進むとふたたび山道になります。G地点あたりまで、落ち葉に覆われた明るい気持ちの良い山道です。
G地点ではお地蔵さんの小屋が、風でひっくり返っていました。
H地点で舗装路に出ます。緩やかな坂を登ると電波塔が見えてきます。

電波塔の裏の尾根を登ると、三等三角点のあるI地点の山頂です。
Img_3379sankaku.jpg

山頂から北西方向の景色です。国道118号沿いに小さく町が見えます。最初の写真はこのあたりから撮ったものです。
Img_3369kitaenkei.jpg

山頂から尾根伝いに薄い踏み跡を下り、J地点ではっきりした山道に出ました。J地点からしばらく杉林を行くと、やがてK地点までは気持ちの良い尾根道になります。
K地点では地形図の破線の道は見あたらず、尾根と斜面の分岐になっていました。斜面をトラバース気味に下ります。

斜面を下りきったL地点から、民家越しに見た山頂です。
Img_3395enkei.jpg

短い行程のなかにいろいろな山の風情が感じられて、楽しめるルートでした。

歩行距離:5.3km
歩行時間:3時間26分


posted by 単身赴任 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。