2006年12月16日

中武生・西久保三角点峰周回(2006.12.16)

竜神大吊橋の北方、中武生の西久保三角点峰から尾根を南下して、亀ヶ淵付近に降りるコースを周回しました。

中武生2.jpg
中武生断面.jpg

A地点に車を停めて、小雨の武生林道を北に向かって歩き始めます。
B地点には下武生四等三角点(458.87m)があります。
C地点に山道が取付いていますが、120mほど行くと山道は消えてしまいました。濡れた急斜面にしがみついて尾根に登ります。
D地点は西久保三等三角点(554.88m )です。ここからE地点までは、2006.12.03の記事にあるので省略です。

E地点付近で、枝に付いていた雨粒です。この頃はまだ写真を撮る余裕がありましたが、さて・・・
Img_3256ame.jpg

E地点から南に尾根をたどるべきところ、踏み跡の濃い南東方向に行ってしまいました。途中で気がつき、谷を横切ってF地点で本来の地点に戻りました。1回目のミスです。

この直後のG地点では、支尾根への分岐の赤テープを見落として直進してしまいました。2回目のミスです。

H地点は岩峰のピークです。雨は止んでいますが岩面が濡れていて滑りやすいので、慎重に行きます。滑り落ちたら重傷では済まない・・

I地点の分岐では赤テープどおりにJ地点まで行ったのですが、外れている気がしてI地点まで戻ったら、新しい足跡が付いていたのでK地点方向へ行ってしまいました。地形図をよく読めばJ地点が正しいとわかるのですが。これで3回目のミスです。

K地点の尾根の端は急な崖で、木の根を掴みながら斜面を慎重に滑り降りました。
L地点で竜神川の支流に出て、M地点まで沢を下ります。
M地点に「武生神社方面」の道標があったので、そこから斜面に取り付いて尾根に乗ります。ほっと一息。

N地点の尾根から、たどってきた山稜を見返したところです。右端のピークの西久保三角点峰から、左方向に尾根をたどってきたのですね。
Img_3274one.jpg

絵になるものは何もありませんでしたが、記憶に残る山歩きでした。

歩行距離:8.6km
歩行時間:6時間53分(道迷い・昼食含む)


posted by 単身赴任 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。