2006年12月02日

明山〜三角点峰周回(2006.12.02)

下武生の竜神ふるさと村を起点に、明山(457.40m)〜下武生(458.87m)〜高久保(410.12m)の三角点峰を周回しました。
赤い線が今日のコースで、水色の線は先週歩いたコースです。
明山.jpg
hyoukou.jpg

A地点のそば屋の前の駐車場に車を停めて歩き始めます。
B地点から見た明山です。まずここを目指すのです。頂上のまばらな木が特徴的です。
Img_3005myoyama.jpg

B地点から急な階段道を降りると、C地点で遊歩道に出ます。まだ8時過ぎなので、遊歩道には誰もいません。
C地点の遊歩道脇には、ヨモギの葉が霜にあたって白く輝いていました。私たちの高校の校章は、ヨモギの葉だったんですよね・・
Img_3017yomogi.jpg

遊歩道を遡り、D地点の亀ヶ淵に着きます。左手に明山への登山道があります。

明山頂上の直下は急斜面なので、ロープにつかまって慎重に登ります。
E地点が明山の頂上です。四等三角点があります。さっき見えたまばらな木は、こんな具合です。
Img_3061myoyama.jpg

遠くに、先週歩いた竜神大吊橋が見えています。
Img_3048turibasijpg.jpg

男体山方面は、まさに「♪赤や黄色に織る錦」です。遠方中央が男体山です。
Img_3037nantai.jpg

次に目指す下武生三角点は、藁葺きの民家の向こうの山になります。遠くに見えるのは、稼働が始まったばかりの里見牧場の風力発電の風車です。
Img_3040hurusato.jpg

その次の高久保三角点は、先ほどの竜神ふるさと村の向こうの山になります。
Img_3054takyuu.jpg

篭岩に向かう尾根道を、F地点でロープにつかまって下ります。F地点には道標はありません。ここは沢筋で少々危険でした。
地形図の緑色の線は踏み跡が明瞭な山道だったので、こちらがお勧めです。

G地点で奥竜神の沢に出て、H地点まで遡上します。G〜H間に危険箇所はありませんでした。

H地点から鞍部を越えてI地点で小さな沢を横切り、ひたすら登ると武生林道に出ます。

J地点は武生神社です。この裏手が武生山と呼ばれているようですが、三角点はここにはありません。
武生林道を横切り、向かいの山を登っていった端のK地点に、下武生四等三角点がありました。
Img_3097sankaku.jpg

L地点の宝剣洞展望台の50mくらい南から山道に入り、南下します。
民家の前を通り抜け、登り詰めたところに高久保三等三角点がありました。
Img_3113sankaku.jpg

N地点のふるさと村のローラー滑り台をころげ降り、駐車場にたどりつきました。そば屋の刺身こんにゃくが絶品でした。

歩行距離:11.3km
歩行時間:7時間34分(休憩・昼食含む)
posted by 単身赴任 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。