2006年06月28日

湯沢源流(2006.06.24)

湯沢源流は、水郡線西金駅の東北東、約4.2kmのところにあります。
奥久慈スーパー林道の空きスペースに車を停めさせてもらいました。
湯沢源流.jpg

登山口となる佐中の民家の前では、菜の花とミツバチが出迎えてくれます。
IMG_0477mitsubachi.JPG

地図で最初の二重四角は、不動滝です。ここの岩場をよじ登った先がドクロマークのところです。
昨年の8/6に来たときは、このように谷間を見通せたのですが・・・
0806-kyonen.jpg

今回は多くの倒木が根っこごと落ちてきていて、谷間を完全に塞いでいます。
倒木を乗り越えたりくぐったりして、ようやく通り抜けました。大変だけど、通り抜けたあとの達成感が爽快。
Img_0493touboku.jpg

しばらく行くと奇岩・籠岩への分岐にさしかかります。地図では小さな四角のところです。
昨年8/6の案内板には写真のように「湯沢源流」の表示があったのですが、今回は取り払われていました。
「危ないから行っちゃいかん」ということでしょうか。ここからは自己責任ということですね。
0806-annai.jpg

さらに行くと抱返の滝があります。地図では2つめの二重四角のところです。
Img_0504taki.jpg

抱返の滝の上へは、へにょへにょの鉄のはしごを登ります。ほぼ垂直。うひょ〜・・
Img_0507hashigo.jpg

こんな感じの、神秘的ともいえる渓谷がずっと続きます。ひたすら溯上します。行けるのかいな・・
Img_0510keikoku.jpg

「まだかな」と思うころ、釜沢越への分岐の案内板が見えてきます。
Img_0539shuten.jpg

釜沢越の峠です。写真右奥は杉林の断崖で、転げ落ちるように降りていきます。
Img_0545touge.jpg

杉林を抜けると気持ちの良い尾根道になります。
スーパー林道に出ると、アジサイが咲いていました。6月のつゆの合間の、緊張感のある印象的な山歩きでした。
Img_0569ajisai.jpg


歩行距離:4.2km
歩行時間:4時間45分(読書含む)


posted by 単身赴任 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。