2014年02月01日

スッカン沢の麓のそば屋

yamasanpoさんの記事を見て、スッカン沢に行ってみました。
上着も手袋も不要なほど暖かくて、氷瀑はイマイチでした。
今年はおしまいかも。来年に期待です。

ソバ屋 一休-2 (800x600).jpg
帰りに寄ったそば屋、のれんがボロボロで、店内の雰囲気もやる気なさそう。
「失敗だったか!」と思ったが、出てきたそばが、これがびっくり、うまいんだ。
そば屋は見てくれじゃなくて、味で勝負というわけだな。気に入った。

店名は一休、場所は矢板のこのあたり
天そば1050円、もりそば750円で良心的。

矢板には丸ごとトマトのキムチを売るキムチ屋があるらしいが、行ったら閉まっていた。
客商売なんだから、土日に営業してよ。
ここもやる気がないみたいだから、おそらくびっくりするくらいうまいんだろう。
場所はここ。来年が楽しみだ、といっても土日休業じゃ買えないな。
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

こころ旅・茨城県

火野正平が自転車で回る旅番組です。
茨城のあの道この道が、いっぱい出てきます。

2013/11/30は、奥久慈男体山〜御前山の那珂川大橋です。
大子のベッピンさんと、男体山の紅葉と、那珂川の鮭が印象的です。

2013/12/01は、平磯のくじらの大ちゃん〜真壁の中学校跡から見える筑波山です。
茨城って、いいですよね〜。
posted by 単身赴任 at 21:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

城峯山のクマさん

埼玉県北の城峯山を娘と歩いて、クマさんに遭遇した。
地図は後日。

門平集落の路肩に駐車。
山道の入り口に「クマに注意」の看板。気にもとめなかったが・・
IMG_9602駐車.JPG IMG_9607クマに注意.JPG

鐘掛城で一服。
葉っぱに置くとウンチそっくり。ベルクで2個98円で売ってる。
IMG_9613鐘掛城.JPG IMG_9612ドーナツ.JPG

城峯山の山頂と、一等三角点。
IMG_9627山頂.JPG IMG_9621三角点.JPG

山頂の紅葉。
IMG_9624紅葉.JPG IMG_9625紅葉.JPG

帰り道、「クマに注意」の看板から550mのところでクマさんに遭遇。
木の陰からこっちをじーっと見ていて、逃げていく気配がない。
ときどき前足をなめたりして余裕を見せている。
こっちが背中を向けて走って逃げれば、追っかけてくるのが習性らしい。
娘と二人でにらみつけながらゆっくりと後ずさりし、来た道を戻った。
IMG_9636熊さん.JPG

予定が狂って、すっかり暗くなった道には、轢かれたヘビくん。
IMG_9638ヘビくん.JPG
posted by 単身赴任 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

大倉山・福島県富岡町

福島県富岡町の大倉山から、福島第一原発を見てきた。
大倉山の地図はこちら。原発まで直線距離で13.1km。

テレビ等で見るのと自分の目で見るのとでは、受け止める重さがまったく違う。
ただし健康への影響がわからないので、行くのならば自己責任でお願いします。
自分は寿命が縮まったとしても、この目で見ておきたいと思ったので。

地形図は後日。

常磐道いわきジャンクション。富岡町が警戒区域のため、広野〜常磐富岡は今も通行止め。
IMG_7980常磐道.JPG

国道6号から行くと楢葉町〜富岡町境界にバリケードがあるので、いわき中央ICから国道399号を北上する。

県道36号のこのあたりに警察のバリケードがあって、やはり富岡町方面には行けない。
IMG_7996警戒区域.JPG

横道に逸れて少し登った荻ダムのここにもバリケードがある。
IMG_7998立ち入り禁止.JPG

荻ダムから二車線の舗装路が大倉山の直下まで通じている。
この道は楢葉町と富岡町の境界上だが、バリケードはない。

付近に民家があるのでここまで除雪されていたが、この先は滑って車では登れない。
IMG_7999駐車.JPG

雪道には足跡もない。こんなところに来る人はいないようだ。
大倉山が見えてきた。
IMG_8008大倉山.JPG

駐車場の案内板。雪がなければここまで車で来られる。
IMG_8017案内板.JPG

山頂への階段。この落ち葉はどれだけ汚染されているのか?
IMG_8018階段.JPG

山頂と三角点。
IMG_8020山頂.JPG IMG_8021三角点.JPG

福島第一原発。休止中の5号機と6号機は事故前の建屋がよくわかる。
右は、2013年3月5日付、時事通信社の画像。
IMG_8033第一原発.JPG 130305時事報道.jpg

2013年2月16日付、東京新聞の記事から転載。
PK2013021602100052_size0.jpg

富岡町の市街地。警戒区域のため、この広い街にはだれも住めない。
IMG_8026富岡町.JPG

下山の途中で、電波時計の大鷹鳥谷(おおたかどや)山のアンテナが見えていた。
手前の送電線は、原発から東京方面に向かっている。
IMG_8044大鷹鳥谷山.JPG
posted by 単身赴任 at 19:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

岩本四等〜西金砂神社

yamasanpoさんの記事を参考に、このルートだろうと予想をつけて歩いてみた。
ピンクは先週の鷹取山。
130224西金砂山.jpg 130224西金砂山断面.jpg

写真は、yamasanpoさんの写真にできるだけ近づけてみた。
へー、ここから撮ったんだ、と思うと妙に楽しい。

駐車場所と里道。yamasanpoさんの写真と同じです。
IMG_7916駐車.JPG IMG_7919里道.JPG

登山口付近からの展望と、同地点からのCG(カシバード)。
たしかに右の尾根を登って行ったんだなぁ、ということがわかる。
IMG_7921展望.JPG カシバード1.jpg

登山口と、逆川への分岐も同じ。
IMG_7923登山口.JPG IMG_7924分岐.JPG

岩尾根から見たこの先の登りと、下山で歩く祭礼道のある尾根。
IMG_7925岩尾根から.JPG IMG_7927祭礼道の尾根.JPG

この先、油断するとズリ落ちそうな急斜面。下界では味わえない緊張感が楽しい。
yamasanpoさんの記事の案内板はなかったので、ちょっとコースを外れたのかもしれない。

尾根に出るとほぼ平坦で歩きやすい。
尾根から見た鷹取場のピークも同じ。
IMG_7930鷹取場.JPG

この道標とベンチの裏手に出る。ここから森林浴コース。
IMG_7931道標.JPG

はげ山から、岩本四等三角点へ。三角点は山道にいきなり生えてる。
IMG_7932はげ山.JPG IMG_7933岩本四等.JPG

三角点付近から見た、地割集落とおかめ山方面。
IMG_7935おかめ山方面.JPG

西金砂神社の本殿と、嘉永五年(1852年)の石灯籠。
IMG_7939本殿.JPG IMG_7942灯籠.JPG

大イチョウの気根は切り取られていた。
右は7年前に来たとき。垂れたおっぱいみたいな気根が見えていた。
IMG_7951大イチョウ.JPG Img_0672_6年前のイチョウ.jpg

鳥居をくぐって祭礼道を行く。
IMG_7957祭礼道の鳥居.JPG IMG_7960祭礼道.JPG

祭礼道を降りてきたところの広場と舗装路も同じ。
IMG_7963空き地.JPG IMG_7964舗装路.JPG

コースは間違えようがないので、その意味では緊張感が湧かないかな。
posted by 単身赴任 at 20:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。